Monthly Archives:9月 2015

福山雅治さんと吹石一恵さんがご結婚ということで――

福山雅治さん、吹石一恵さんがご結婚されたとのこと。

まずは、おめでとうございます。

ということで、おなじみの有名人のパーソナルデザイン談義と参りましょう。

誰もが認めるモテ男の福山雅治さん、彼のパーソナルデザインは、みなさんのご想像通りでしょうが、
「ロマンス」タイプ
です。

有名なラジオ番組での下ネタ話も、なぜかいやらしい感じがしないのも、上品な甘い雰囲気のせいかもしれませんね。

そして、その注目されるお相手が吹石一恵さん。

彼女のパーソナルデザインは
「ファッショナブル・グレース」
です。

華やかな存在感がありながら、どことなくお嬢様のような上品さもありますね。

お二人に対する私の印象は、お互いを認め合い尊重する対等な雰囲気。
どちらかが強すぎる感じもなく、弱すぎる感じもしない。

その理由は、

福山さんの「ロマンス」タイプらしいソフトな男らしさ

と、

実は一人でも生きて行けそうな「強さ(ファッショナブル)」と「聡明さ(グレース)」を感じさせる吹石さん

の、それぞれのお顔立ちのせいだと思います。

ある意味、とても理想的なお似合いのカップルですね。

末長く、お幸せに~。

Comments are closed

「隠れロマンス」談いろいろ【4】

香咲ハルミ post on 9月 18th, 2015
Posted in パーソナルデザイン

今回は「隠れロマンス」解決編(?)です。

【前の記事】
「隠れロマンス」談いろいろ
「隠れロマンス」談いろいろ【2】
「隠れロマンス」談いろいろ【3】

「隠れロマンス」だと気づいたら何をすればいい?

「隠れロマンス」さんだった人が、自分が「ロマンス」だと知ったとしても、なかなか「セクシーで上品」な路線を進む自分なんて想像できないもの。

(最初から自分が『ロマンス』だと理解している人は、『ロマンス道』を地で行っている人が多いんですけどね)

そこで、「ロマンス」タイプであると気づいたら、どうすれば良いか、ですが、以下の点を注意。

1 髪型がとても大事


髪型は、顔の形など個人差もありますので、定型がある、というわけではありません。
ですが、

  • ゆるくて大きめのウェーブをいれる
  • 顔にかかる髪型
  • 後れ毛をわざとアレンジするとか

など……「曲線」を意識した髪型なら、甘い顔立ちが引き立ちます。

2 セクシーな個性を活かすこと


カーブのある体型はロマンスの長所のひとつ。これを隠すのではなく活かすと、オシャレです。
例えば、

  • バスト・ウエスト・ヒップの大きさを隠すより活かす
  • なだらかな肩のラインを活かす
  • 丸みのある弓形の眉やたっぷりとした唇をそのまま活かす

など、を意識しましょう。

3 動きや話し方に気をつけて


「ロマンス」さんに多い、アンニュイな雰囲気は欠点ではなく、「甘い上品さ」の表れです。

  • ゆったりと動く
  • ゆっくりと話す

これで良いんです。むしろ、速い動きや早口は、「ロマンス」さんには品がなくなったりする危険があるくらいなんですよ。

4 上品な甘さを上手にコーディネート


コーディネートのポイントとしては、

  • 堅いビジネス用の装いでも、胸元に少し柔らかさをアレンジする
  • ママ友などのカジュアル路線の時でも、腕や胸元にシャーリングなどの柔らかいデザインを入れる
  • シンプルな装いでもどこかにレースのデザインを加える
  • 柄物はできるだけ、曲線を選ぶ
  • シルクやシフォンなどはお勧めですが、麻や綿でも薄手で柔らかい素材なら着こなせる

などといった感じで、工夫しましょう。

ちなみに、「ロマンス」の有名人も数人だけですが、紹介しておきましょうか。


  • 藤原紀香さん:
    「ロマンス」タイプらしいセルフ・プロデュースが上手なかたです

  • 森昌子さん:
    ショートヘアが多いですが、あまりいただけない、と思いませんか? 実はとても女性らしい雰囲気をお持ちなので、ロングにして華やかさを出せば、とってもステキな人ですよ

  • スザンヌさん:
    表情・話し方、すべてが「ロマンス」ですよ

  • 石原さとみさん:
    少しずつ花開く感じが自然で美しいかたですね


ということで、「隠れロマンス」のお話でした。

「ロマンス」タイプはハマれば、とても異性にモテるタイプです。
ちやほやされるのも似合うタイプなので、モテモテをむしろ楽しむくらいの気持ちでやっていきましょう!

それではまた――

Comments are closed

「隠れロマンス」談いろいろ【3】

香咲ハルミ post on 9月 14th, 2015
Posted in パーソナルデザイン

今回は「ロマンス」タイプがイヤ、という人には前回まで解説したものの他にも理由がある、という話です。

【前の記事】
「隠れロマンス」談いろいろ
「隠れロマンス」談いろいろ【2】

「ナチュラル」に憧れる「ロマンス」さんたち

これは近年の日本人全般に言えることかもしれないのですが、多くの人が「ナチュラル」タイプに憧(あこが)れる傾向があります。

多くの人が思い浮かべる「ナチュラル」のイメージって、
「自然体」で「カジュアル」で「さわやか」で
――というところでしょうか。

これは「かっこいい」というイメージに通じるものでもあるんですよね。

そこに憧れるというのは、よくわかります。
特に「自然体」で「かっこよく」、ステキでいられるなら、良いですよね。

そんな女性たちの考えをなぞるかのように、日本のドラマなどでは女性の役は、「ナチュラル」タイプのキャラクターが多いんですよ。

「上品さ」とか「色気」とか「かわいらしさ」とかよりも、「自然」な感じで思ったことを口にするタイプのキャラクターだらけ、と言ってもいいぐらい。

当然ですが、そんな役を「ナチュラル」タイプの女優が演じれば、とてもステキで視聴率も高くなります。

たとえば、松嶋菜々子さんや篠原涼子さん、などです。
全盛期の山口智子さんも「ナチュラル」そのまんまで大人気でしたね。

(男相手に啖呵を切る『ファッショナブル』の役もそこそこありますけど、やはり「かっこいい」のが共通点ですね)

「ナチュラル」志向では色気が吹き飛ぶ「ロマンス」タイプ

みんな、「ありのままで」ステキなら、それが一番楽なんですけど、
「ナチュラル」以外の人にとって「ありのままで」は、即、「ファッションの手抜き」
になってしまいます……。

「かっこいい」のではなく「楽をしている」だけに見えてしまうわけです。

とくに、
「ロマンス」タイプは、華やかにして上品なタイプ。
逆に言えば、華やかにしないと上品じゃなくなる、
というわけです。

実際、「ナチュラル」に憧れてカジュアル一辺倒なファッションをして、上品な色気がふきとんでしまった「ロマンス」さんを数多く見てきました。

これでは、自分にはもとから色気なんかない、と思い込む人が出てくるのも仕方のないことです。

とにかく、まずは
他人に憧れるよりも、本当の自分を知ることから始めるのが、
「ロマンス」嫌いの「ロマンス」さんには、もっとも大事なこと

なのかもしれません。


さて――

これまで自分に「ロマンス」なんて無縁だと思っていた受診者さんが、コンサルティングで「ロマンス」と診断されても、何をどうしていいか分からない、という人も多いでしょうね。

次回は、そんな「まさかの『ロマンス』さん」向けに、「ロマンス」を活かす方法をお伝えします。

それではまた――。

Comments are closed

「隠れロマンス」談いろいろ【2】

香咲ハルミ post on 9月 10th, 2015
Posted in パーソナルデザイン

前回の続きで、「あなたは『ロマンス』タイプです」と告げられて「愕然(がくぜん)とする人」の2タイプについて解説します。

【前の記事】「隠れロマンス」談いろいろ

  1. 自分にセクシーな上品さがあるなんて信じられない人
  2. 「ロマンス」タイプなんてイヤだ、という人
1 自分にセクシーな上品さがあるなんて信じられない人

「ロマンス」は華やかな雰囲気があるタイプです。「ファッショナブル」タイプのゴージャス感とはまた違う華やかで、それは色気と上品さが生み出す「甘~い華やかさ」です。

(なお、『ファッショナブル』は強くて派手め――『シャープな華やかさ』)

「自分にセクシーな上品さがあるなんて信じられない人」は、自分にそんな甘い華やかさがあることを受け入れるのが大変、という人です。

べつに「華やか」って芸能人みたいに派手に生きることだけではないんですが、「目立ちたくない」と思っている人には、「華やかに――」というだけで悪目立ちするような気分になる、ということなんでしょう。

目立つこと=悪目立ち、とは違うんですけどね……。

【関連記事】ステキに目立つか、悪目立ちするか

また、こういう人のなかには周囲からの影響で、自分の個性を自己否定している人もいます。

本当は優雅に動くのが似合う「ロマンス」さんなのに、周囲から「動きが遅い」と言われつづけ、いつしか「自分はノロマなんだ」とカン違いしてしまって……「隠れロマンス」さんのできあがり。

こうなると、「あなたは華やかな人なんですよ」と告げても、なかなか信じられなくなっても、しかたのないことですよね。

こういう場合、証拠を見せるに限ります。

買い物同行などで、色気と上品さの混じり合った華やかアイテムを、いくつも試着してもらって、いかに自分がそういうよそおいが似合うのか、を理解してもらうしかありません。
「習うより慣れろ」です。

2 「ロマンス」タイプなんてイヤだ、という人

先に伝えておきますが――
「ロマンス」タイプはセクシーや色気だけが売りのタイプではありません。

セクシーなよそおいでも、上品に見える

これが「ロマンス」の特徴。
つまり、セクシーな格好で品が落ちてしまう場合は、「ロマンス」タイプではありません。

でも、テレビなどでセクシー路線のタレントさんやアイドルが、あまり上品に見えない格好で出演しているのを見ると、セクシーってやっぱり下品なことなのかもしれない、と思うのも当然でしょう。

でも、セクシーが売りのテレビタレントさんも、よくよく見れば、「ロマンス」ではない人が多いんですよ。「ロマンス」さんがセクシー路線でやっても、普通に美しいだけです。

たとえば、「ロマンス」女優の宮沢りえさん、彼女はお若いころにヌード写真集を出されていますが、あれはひとつの「芸術品」として多くの女性が購入されました。

実際は、宮沢さんが「ロマンス」ゆえか、ただのヌード写真というよりも、壺や絵画などの芸術品に通じるおもむきがありました。

芸術品では男性の「興奮」を呼ぶのは難しいことです。だから、グラビアなどのセクシーを売りにするタレントさんには、「ロマンス」が少ないんですね。

でも、テレビの影響はおそろしい。セクシーという言葉が入るだけで「ロマンス」はイヤ、と言う人を大量生産してしまったんですから。

とにかく、「ロマンス」タイプがイヤ、という人には、「セクシー=下品」の誤解を解くことから進めないといけません。

繰り返しますが、「ロマンス」タイプは、セクシーなよそおいでも、上品に見えるんですよ。


実は、「ロマンス」タイプがイヤ、という人には、まだまだ、そうなる理由があります。もうちょっと、続けましょうか――。

とりあえず次回に続きます。

Comments are closed

「隠れロマンス」談いろいろ

香咲ハルミ post on 9月 5th, 2015
Posted in パーソナルデザイン

今回はパーソナルデザイン・タイプのなかのひとつ――「ロマンス」タイプに迫っていきたいと思います。

「なんで急に『ロマンス』だけ?」と思うでしょうね。

実は「ロマンス」タイプの人には、「隠れロマンス」さんが非常に多いんです。

先日も、おひとり受診者さんのなかに、この「隠れロマンス」さんを発見しましたので、ブログで紹介してみようかな、と思ったわけです。


「ロマンス」タイプの簡単な説明


  • とても甘いセクシーな印象のタイプ
  • カーブのある体型
  • カールのセミロングやウエーブヘア、フリルのついた豪華なドレス、華やかなアクセサリーが似合う
「ロマンス」タイプと告げられた人の3つの反応

イメージコンサルティングにおいて、受診者さんに「あなたは『ロマンス』タイプですよ」と伝えたとき、いくつかの反応があるわけですが、おおまかなものとして、次の3点です。

  1. 素直によろこぶ人
  2. 当然でしょ、とほくそ笑む人
  3. 愕然(がくぜん)とする人

1の「素直によろこぶ人」がいるのは、普通に想像できるしょうね。

2の「当然でしょ、とほくそ笑む人」は自分に華やかさがあることを自覚している人です。自分のセクシーな上品さを、すでにうまく活用していて、最初からオシャレな人も多いです。

ある意味、ナルシスト?
でも、これは良い意味でのナルシストですよ。自分のどこがステキか分かっているわけですからね。

そして、3の「愕然とする人」ですが、実はここに「隠れロマンス」さんが多いのです。

で、その「隠れロマンス」について解き明かしていく前に、もうひとつ。
この「愕然とする人」にも、また、2通りあるんですよ。

  1. 自分にセクシーな上品さがあるなんて信じられない人
  2. 「ロマンス」タイプなんてイヤだ、という人

――の2種類です。

さて、今年はなんだか涼しめな残暑ですが、そのせいか、何を着ようか、迷い始める人が多いのでしょうか。当社への問い合わせや依頼もちょっとびっくりするぐらい増加していまして、最近、あまり時間が取れないため、今回は短めにここまで、です。

ということで、次回に続きます。

Comments are closed