日傘特集――パーソナルデザインに合わせて日傘をオシャレに使いこなそう

皆さま、こんにちは。
イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

暑いですね。

紫外線はお肌の大敵――ということで、少し前に夏物の帽子特集をお送りしました。

【関連記事】パーソナルデザインごとの夏物の帽子

でも、紫外線対策というなら、日傘がメインですね。

ということで、今回は、パーソナルデザインごとに合う日傘選びのポイントをご紹介しましょう。

ただし、今回は少しオシャレ感を強調したポイントを紹介しています。

「ファッショナブル」タイプに合う日傘


ファッショナブルタイプの日傘例
日頃、お洋服では派手めなものが似合うとわかっていても、なかなかチャレンジするのは気後(きおく)れするという「ファッショナブル」さんもいることでしょう。

そこで日傘なら、かなり華やかに楽しめますよ。

画像は大輪の花柄が裏側にきていますが、もちろん外側に大きな柄が来ても大丈夫です。

この夏、思い切って1本、こういう日傘を使ってみてはいかがですか?

「ナチュラル」タイプに合う日傘


ナチュラルタイプの日傘
シンプルなものが似合う「ナチュラル」さんが使う日傘なら、当然、無地やストライプ、チェックなどが似合います。

でも、あえてオシャレ感を出したいなら、リーフ柄を選ぶのもあり!

爽やかで涼しげな柄なら、充分、似合いますよ。

「シンプル」と「地味になる」は同じ意味ではない、とわかりますね。

他のタイプは次回に続きます。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.