Author Archive

受診者さんの感想メール紹介――「似合う色で自分の顔色に今までなかった透明感を感じて」(20代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Yさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル、フェミニン」

・M・Yさんの感想メール


本日は本当にありがとうございました、心からこちらで診断を受けてよかったと思います。

今まで顔の赤みと頬や鼻の毛穴が目立つことがとても気になっていたのですが、春の色をつけると本当にそれらが目立たなくなり、これがパーソナルカラーの力……と震えるほどでした。

自分に合っていない夏や冬の色をつけていたから、あんなに赤みが悪目立ちしていたんだな……と振り返って思っています。

思い返せば春色のチークをつけた時にいつもより毛穴目立たないかも?と思った経験がありました。しかしやはり自分は夏なはずという思い込みがあったためそこから抜け出すことができませんでした、客観視できない、主観が入るというのは本当だったとしみじみ感じております。

また、パーソナルデザインについてですが、こちらも思い返すと思い当たる節が沢山あり、バイト帰りの夜道で自転車に乗りながら何度も感嘆のため息をついてしまいました。

真顔だと機嫌が悪そう、でも怒っても怖がられない、運動神経は割と良さそうに見られる……などなど他にも沢山あります。

背が実際より低く見られるのでキュート?と思っていましたが、それがフェミニン要因だったとわかり、それに関しても納得がいきました。

今日も昨日先生にOKをいただいたアイシャドウやリップをつけて、持っていたクリーム色のセーターを着ているのですが、なんだか光に透けるような、今まで感じたことがない透明感が出たように感じています。

パーソナルデザインに関してはナチュラル、フェミニンは未知の領域でしたのでこれから沢山質問させていただくかと思いますがどうぞよろしくお願いします。

本当に香咲先生のところで診断を受けることができてよかったと思います、ありがとうございました。

M・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

似合う色を使って「光に透けるような、今まで感じたことがない透明感」をお感じになった、ということで、まさに似合う色の魔力をさっそく実感されているようですね。

M・Yさんのパーソナルデザインである「ナチュラル」タイプの持つイメージであるさわやかさも、その「透明感」にさらに力を貸してくれていると思いますよ。

パーソナルカラーとパーソナルデザインがガッチリ合わさると、さらに相乗効果を起こしてくれます。

いつでもアドバイスしますから、一緒に使いこなしていきましょうね!

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

アイドルグループ「嵐」の活動休止報告に寄せて

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

少し前に人気アイドルグループ「スマップ」の解散もまだ記憶に新しい感じですが、今回は「嵐」が2年後に活動休止ということで、驚きましたね。

ドタバタせずに活動休止までの時間に余裕を持たしての報告ということですし、かなり冷静に記者会見にのぞんでいらした「嵐」メンバーのかたがたには好感すら持ちました。

ということで、「嵐」のメンバーのパーソナルデザインは?

――といういつもの流れでいきたいところですが、実は「嵐」のかたがたについては、過去記事で触れています。

よろしければご覧ください。

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「診断結果は意外、でも思い出すと過去に裏付けるような経験が」(40代・女性)

今回もまたまたコンサルティングの感想メールご紹介です。

これで何回連続紹介させていただいているんでしょうね。熱のこもった感想をいただけるのはコンサルタント冥利(みょうり)につきます(^ ^)

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のS・Kさん(40代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・ナチュラル」

・S・Kさんの感想メール


コンサルティング、お買い物同行、本当にありがとうございました。

本日、早速コート、グリーンの入ったストール、最初のお店で見たチェックのパンツを身に着けて出勤しました。とてもおしゃれな同僚から「あか抜けて見える」と言ってもらえました!

昨日お話した手持ちのグリーンのカットソーと、ストールのグリーンがほぼ同じ色でしたので丁度良かったです。喉が乾燥するのでマスクをしている為、ファンデはごく薄く、口紅は塗らずにいましたが口紅無しでも、顔色がよく見えました。

「黒が似合わない」と言われた→冬ではないのかな?オレンジが苦手→春ではなさそうだ!ブルーベースの服は割と評判がよい→夏かな?でも肌に黄みがある→秋も当てはまりそう・・・と、悩んでいる所でした(ネットでの診断も夏か秋が多かったです)。

「冬」の診断は意外でしたが、今まで褒められた数少ない経験を思い返すといくつか納得できる点もありました。(大学時代、ファンデーションなし・口紅のみの状態で、シャドウやファンデーションを付けていると思われた経験があったのを思い出しました。その時の口紅は、黄みがない深紅でした。冬に合う赤だったのですね)
メイクも自信を持って出来そうです。

パーソナルデザインについては、比較的普段買っている服に近いので抵抗なく受け入れられたと思いますがボーイフレンドジーンズやドロップショルダーのコートやトップスに違和感を覚える理由が分かってよかったです。

暖かい時期になったらスカートにも挑戦したくなりました。また折に触れ、メール等でご相談に乗って頂けると幸いです。

後日さらに頂いたメールから

なお、手持ちの服を見直し中ですが、「夏」「秋」のいずれかだと思っていた自分が、思いのほか「冬」に合う色を持っていたことに気づきました…
しかもグレースやナチュラルに多分合いそうなデザインで…

また、他の季節の色なのに買ったばかりで捨てられない服は、先日買ったストールなどを合わせることで、活用できる事に気づいてしまいました。

その為、断捨離候補の服がなかなか捨てられず、うれしい悲鳴?です。

今後、どうしても迷う場合は、是非ともメールでご相談させて下さいませ。

S・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

S・Kさんはネットなどの情報による自己診断で「冬」を除外されていたようですね。
でも、意外にもその「冬」が正解だったと。

「ネットなどの自己診断」や「見たこともない相手へのアドバイス」などは、あくまでお遊びの延長ですから、これはよくあることです (^ ^)

実際、S・Kさんも過去に「冬」を裏付ける経験をされていたことを思い出されましたように、薄々ご自分でも似合う色の傾向がわかっていた部分もあったのかもしれませんね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

イメージコンサルタントの感想メール紹介(20代・女性)

皆さま、明けましておめでとうございます。
ベストカラーコム イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

新年最初の記事はやはり感想メール紹介です。
――ただし、今回は受診者さんではありません。

ベストカラーコムのイメージコンサルタント養成講座を昨年、卒業したばかりのプロのイメージコンサルタントさん。

まさに新米ホヤホヤのコンサルタントさんの感想メールをご紹介です。

感想をご紹介する前に、今回の状況を説明しておきますね。
今回、S・Hコンサルタントとは以下の内容で2日間お付き合いしました。

  • 【1日目・前半】
    +コンサルタント養成講座卒業後、卒業生限定の勉強会に参加
    (内容はパーソナルメークについてのより深い勉強)
  • 【1日目・後半】
    +香咲からお買い物同行を受ける
  • 【2日目】
    +香咲のイメージコンサルティング現場を見学

・S・Hコンサルタントの感想メール


先日はメーク講座とお買い物同行、そしてコンサルティングの見学、本当にありがとうございました。非常に有意義な2日間でした。

メーク講座の感想

メーク講座では他のパーソナルカラーでのメークをきちんとすることは初めてだったので勉強になりました。

実はパーソナルカラーを知る前の私は自分のイメージや服装でなのかオレンジ系のメークを勧められることが多く、ずっとオレンジ系のものを使っていた為、意外となんとかなるんじゃないかとも思いましたが、全然ダメでした(笑)

前までの私はこんなパッとしないぼんやりなイメージだったのか…と驚きました。

自分のイメージや服装、好き嫌いなどで決めるのではなく、自分のパーソナルカラーに合った化粧品でメークする事の大切さが改めてよく分かりました。

一緒にやっていた方もご自分のパーソナルカラーのメークはまるでフルメークしたかのように綺麗で本当に素敵でした。

買い物同行の感想

お買い物同行でも驚きの連続でした。

私はいつのまにかこの素材はダメ、この柄は絶対着れない!とファッションの幅をどんどん狭めていました。

ファッションの幅を狭めていたせいで地味で無難な服しか着れなくなり、アパレル業界で働いているにも関わらずファッションが楽しくなくなっていました。

しかし先生は私が普段選ばないような素敵な服を沢山見つけて下さいました。(しかもすごいスピードで!)

お買い物同行で試着をしていたとき、ワクワクした気持ちになり、あれも着れる!これも着れる!と、とても嬉しくなりました。

ついつい沢山買ってしまいましたが、後悔は全くありません。
ずっと安物買いの銭失いをしてきましたが今回は先生のおかげで賢い買い物が出来たと思っています。

昨日、先生が選んで下さったピンクのスカートを履いていたら、その色着てるの珍しいね!可愛い!と褒めてもらえました。これから自信を持ってファッションを楽しめそうです。

香咲のコンサルティングを見学して

2日目の見学も学ぶ事が多く、先生の話し方や動作一つ一つじっくりと見る事が出来ました。

日本人は意識していないのにくすんだ色の服を着るというお話では、カラーチャートを使ってこんな色のコートを着てるのは大体中国人、と説明されていたのでイメージが湧きやすく分かり易かったです。

ドレープをあてる際もお客様がどこを見たらいいのか伝えて繰り返しあてたり、頬の色差が減る方が似合う色、などどう変化する方が良いのか説明しながらだったのでお客様は理解しやすいなと感じました。

パーソナルデザインはやはり難しいです…突き詰めるのもよくないんですね。

お客様の好みも考えつつ、どのタイプがお客様の個性に合った美しさを引き出すものなのかをしっかり見極めたいです。

他にも書ききれないほど学ぶ事がありました!

まだまだ教科書通りに沿って練習することでいっぱいいっぱいですが、少しずつ学んだことを取り入れてよりよいコンサルティングが出来るようにしていきたいです。

長文になってしまい、すみません。
嬉しさと感動のあまり、この長さになってしまいました(^^;)

S・Hコンサルタントさん、ご感想、ありがとうございました。

コンサルタントとして学ぶのと同時に、自分自身のイメージアップへのヒントもたくさんお掴みになったようですね。

コンサルタントになる喜びは、もちろん受診者さんが自信を持ってファッションに向き合える笑顔を見られることにあります。

でも、最初の受診者さんとなるのは、コンサルタント自身ですよね。

コンサル技術を自分に使えるわけですし、「自分がステキにレベルアップできる」という実感は、コンサルタントであってもなくても素晴らしいことですものね。

S・Hさんは幸せになるためにコンサルタントになったのですから、まず自分が喜ばれたわけです。
これって、とても大事なことだと思います。

ということで、今年もいっしょに喜びにあふれたお仕事をしていきましょう!

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「クローゼットを似合うもの=好きなものでいっぱいにしたくなりました」(20代・女性)

ということで、本年最後もコンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Sさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「秋」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・A・Sさんの感想メール


先日は楽しい時間をありがとうございました。

はじめての診断で緊張していましたが、先生の明るい人柄にホッとしました。またトントンとテンポの良い説明に圧倒されながらも、色やデザインの魅力にハマってどんどん楽しくなっていく自分に気がつき興奮しました。

カラー表(編注:色見本手帳)をすぐに使ってみたくなり、帰りにすぐ新宿ルミネに行きました。

デパートに行くのは久しぶりで、購入はしなかったのですがたくさんの秋色の服にトキメキました。もともとベージュやブラウンが大好きでしたが、より自分に似合う色やデザインの服を見つけられるようになりたいです。

またベーシックなものだけにならないように、アクセントカラーを使えるように挑戦してみたいです。

化粧下地については、色味を見直して先生にアドバイスいただいたオークル系で馴染むものをすぐに購入しました。診断後の資料が下地を選んでいる最中に届きとても役に立ちました。素早いお返事嬉しかったです。

当日、先生からどうして診断にきたのか聞かれ、彼氏からワンパターンな服ばかりと言われたからだと答えましたが、彼氏のためでなくても本来自分は服が好きでオシャレを楽しんでいたなということを思い出しました。つまらないクローゼットがこれからどんどん好きな物でいっぱいにしたいです。

教えていただいたことを自分の知識にして使うにはこれから深めていかなくてはなりませんね。

これからもたくさん先生に聞きたいです。よろしくお願いします。

A・Sさん、ご感想、ありがとうございました。

受診されたきっかけは彼氏さんの「ワンパターンな服ばかり」という言葉だったそうですが、今度は彼氏さんから逆に「服を買いすぎじゃない?」と言われるようになるかもしれませんよ(^ ^)

というのも、似合うアイテムならたくさんなくても、それらを組み合わせていくだけで、さまざまなバリエーションができてしまうからです。

似合うアイテムどうしの組み合わせだからこその芸当と言えるでしょう。

実際、私自身もそんなに物を持ちたいほうでもないのに、「無数に服やアクセサリーを持っているかのように思ってた」と言われたことが何回かありますからね。

そういう意味ではイメージコンサルティングって、上手に使えばとっても経済的です。

A・Sさんもひとつずつ似合うアイテムをそろえていって、さまざまな組み合わせのバリエーションを楽しんでほしいと思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「10代の自分でもしっかりと診断してくれて感謝」(10代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールご紹介です。
年内いっぱいはメール紹介をし続けるかもしれません (^_^)

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のH・Kさん(10代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ファッショナブル・ナチュラル」

・H・Kさんの感想メール


お伺いする前、こんな小娘が診断なんておこがましいだろうか、などとすごく緊張していました。けれど、その点については軽くスルーしてきちっと診断してくださったので、とても感謝しています。

パーソナルカラー診断では、似合う色がわかってよかったです。どの色を当てるかによって、顔色のみならず顔の輪郭や肩幅まで変わるんですね、驚きです。肩幅が広いのをずっと気にして生きてきたので救われた思いです。

また、布単体で見たときと、顔の下に当ててみたときとで布の色が変わって見えるのにも心底驚きました。そして、他の方の診断の様子を見ることで、似合う色の違いがはっきりと分かったのもよかったです。似合う色ってああも美人になれるんですね。

パーソナルデザイン診断では、まさかのナチュラル要素があると言うことでとても驚きました。丁寧に他の選択肢を消したりナチュラルっぽさを挙げたりしていただきありがとうございました。お陰でなんとなく納得できたような気がします。また、他の方の診断は納得できたので、たぶん私のも似合っているんだろうなあと思います。これも複数人で診断する利点ですね。

診断後、先生に薦めていただいたファンデーションと、アズールのグレンチェックのチェスターコートを購入しました。チェスターコートを試しに羽織ってみたとき、店員さんの”似合いますね”のトーンが本心っぽかったことや、帰りに寄ったスーパーの店員さんの対応がいつもよりすごく丁寧だったことから、これはいい感じなのでは??と浮き足立っております。これからも精進していきたいです。

時間がとれ次第、手持ちの服の着衣画像をお送りして診断をお願いしたいと思っています。その時はまたよろしくおねがいします。

今日は本当にありがとうございました。では失礼します。

H・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

前回紹介した感想メールのMさんも10代で、実はH・Kさんと同い年のかたです。

H・Kさんの感想のなかにもありましたが、お若い女性の診断依頼も多いですし、そこは年齢で対応を変える、といったようなことはしません。

そもそも私、香咲もかなり長くイメージコンサルタントをやっている身ですから、さまざまな事情のお客さまを診断してきました。

自分は「若いから」とか、逆に「年配だから」とか、お客さまの事情で態度を変えるようなことは絶対にありませんので、ご安心くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「『まだ若いからどんな服を着てもいい』と言われたことが嬉しくて」(10代・女性)

まだまだ続く――コンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Kさん(10代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・M・Kさんの感想メール


先日はお世話になりました。

初めは緊張していたのですが、お話しているうちにリラックスすることができ、とても素敵な時間を過ごせました。

ただ診断をするだけではなくて、色やデザインの知識を教えてくださったので、診断の内容にも納得することが出来ました。

自分の似合う色について、自分が1番分かっていなかったなと感じました。パーソナルカラーがウィンターと判明するまでは、ずっとスプリングだと思っていたので、結果は衝撃的でした!

今まで、コントラストのはっきりした色、ブルーベースの色は似合わないだろうと避けてきたのですが、ドレープをあててみると、顔がスッキリして見えたので驚きました。真っ白と真っ黒が似合うと知って、おしゃれの幅が広がったような気がします。

パーソナルデザインに関してもそうなのですが、一度分かると自分の考えに軸が出来るというか、迷いが減ったように感じられ、以前より自信がついたように思えます。

その一方で、「まだ若いからどんな服を着てもいい」と言われたことも嬉しかったです。

これからも服やメイクを楽しんでいきたいです。本当にありがとうございました。

また、お世話になる時はよろしくお願いいたします!

M・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

前回の記事でA・Kさん(40代・女性)のご感想を紹介させていただきました。

M・KさんとA・Kさんは、同じ「冬」「グレース・フェミニン」ですね。

同じタイプであっても、前回のA・Kさんは年齢を経ていくなかで、自分に合ったアイテムを上手に選ぶことをお知りになったわけですが、M・Kさんはまだ10代ですから、これからですね。

今はまだその若さゆえの肌ツヤで、ある程度はゴリ押しできてしまいますから、自分のパーソナルカラーやパーソナルデザインに限定することなく、さまざまなアイテムに挑戦するのも悪くないと思います。

ただし――
自分をステキに演出しないといけない、そんな「ここぞ!」という時には、パーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったファッションでバッチリとキメましょうね!

わからないことがあれば、いつでも相談に乗りますから、まずはファッションを楽しんでくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「歳を重ねて、似合わないものがさらに似合わなくなってきて」(40代・女性)

今回も秋の感想メール大放出祭りは続きます。
ということで、コンサルティングの感想メールをご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Kさん(40代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・A・Kさんの感想メール


本日はどうもありがとうございました。

お会いするまで、それこそグレースタイプの学校の先生のような方が出て来られるのかしら?と少し緊張していましたが、とてもキュートでチャーミングな先生で、またお話ししやすい柔らかい雰囲気で、リラックスして楽しい時間を過ごすことができました。

パーソナルカラーはずっとオータムと思い込んでいたのが、なんとウィンターと診断され、びっくりです。まさかブルーベースだなんて!

ただ、黒や濃いパープルなど、似合うと言われたことのある色が入っていたので、びっくりはしていますが納得はできます。明日、さっそく教えて頂いたメイク用品を買いに行こうと思います。

一方、パーソナルデザインは、パーソナルカラーよりは予想に近いものでした。歳を重ねるにつれ、似合わないものを身につけた時のみすぼらしさが若い頃の比ではなくなってきたと感じるので、買い物の際もコーディネートを考える際も、診断して頂いたグレースフェミニンのイメージを意識していきたいです。

今回、もう一人の方と一緒に診断して頂きましたが、(もともとお綺麗な方でしたが)似合う色を身につけた時の瞳の輝きがとても印象的で、そうやって他の方の変わる様を客観的に見ることができ、更に納得できたように思います。

自分の軸が明確になったことで、これからのお洒落やお出かけが楽しくなりそうとワクワクしています。

本日は、本当にどうもありがとうございました。

A・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

A・Kさんは「年齢を経(へ)るなかで、似合うアイテムとそうでないものの差が開く」ということを実感されていたようですね。

もちろん、自分のパーソナルカラーやパーソナルデザインのものであれば、年齢に関係なく120点で似合います。

ところが、それ以外の色やデザインでも、若い頃であれば若さゆえの肌ツヤの力によって80点くらいで使えたりします。

でも、それは悲しいかな、若いうちだけの話。
時が経(た)つうちに、60点・・・50点・・・40点・・・と、どんどん似合うものと差が開いていくわけです。

その差が開いていく現実に気づけない人は、若い頃に80点(これでも120点でないんですけどね)で着ていた服を、40点になったあとでも「以前は褒められていたんだから似合っているはず」と、いつまでも使い続けることになります。

自分を客観的に見られない状態が続くと、自分の良いイメージを作るファッションは難しくなります。

A・Kさんのように、まずは「自分を知る」ことを忘れないことこそ、似合うアイテム探しの第一歩ですよね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「自分の『好きなファッション』に頼りなさを感じ始めた時に知った『似合うファッション』」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メール紹介です。

もう、秋の感想メール大放出祭り、みたいになっていますが、まだまだご紹介したいご感想メールがたくさんあるんですよねえ・・・。
うれしい悲鳴です (^ ^)

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Yさん(30歳・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・ファッショナブル」

・M・Yさんの感想メール


昨日は、とても楽しく有意義な時間と、そして詳細な資料をありがとうございました。

パーソナルカラーは、以前別所で受けてウィンターと言われていたので、先生に見ていただいた結果も同じウィンターでホッとしました。

ただ、ネットの口コミなどを参考に”ブルーベース”や”ウィンター”向けと言われるコスメを集めていたつもりだったのですが、先生に実際に見て頂いただいた結果、ブルーベースとはいってもサマー向けだったり、そもそも自分には合っていない色も多々あったのには、苦笑せざるを得ませんでした。

付け焼き刃の知識でわかったつもりになっていたんですね。先生の、色の考え方や、見分け方の説明は本当にわかりやすく、とても勉強になりました。

そして、先生が出してくださった口紅をつけた時に、今まで集めていたどの口紅よりも、眼力がアップしたのには驚きました。ウィンターと診断されていた自分ですら、誰かに背中を押していただかないと、なかなか塗ろうとは思えない華やかさでした。あれほど華やかな色が似合う自分に出会えたのも、楽しかったです。

パーソナルデザインは、私自身がもともとフェミニン系の服を好んでいたこと、そして婚活中という立場なこともあり、パーソナルデザインもフェミニンだといいなと思っていました。ただ、今回先生に診断してもらおうと思ったきっかけも、自分はいつまでこのフェミニン系の可愛らしい服を着ていていいのかと疑問に思い始めたからでした。

診断結果のグレースファッショナブルには、まさかの組み合わせに驚きこそしました。でも、言われてみれば納得でした。今までは、グレースのようなシンプルさだけだと物足りなさを感じてしまい、程よい華やかさと品の良さを求めてフェミニンを好んでいたのだと思います。

私のパーソナルデザインだと、グレースのシンプルな品の良さに、ファッショナブルの大振りな華やかさを足す、という考え方が合っていたんですね。まさに目からウロコでした。

性格的にも、受け入れやすいデザインでホッとしました。これからは、日常でも婚活の場でも、無難を目指して下手に装ったりせず、外見も中身も、素直に自分を出そうと思います。

一緒に受けた方が、まさかの同じウィンターで同じグレース。でもサブがフェミニンとのことで、同じウィンターでグレースでもここまで印象が違うのかと驚きました(先生から見たら、二人はよく似ていたのかもしれないですね)。似合う髪型やストールの巻き方、振る舞いなど、二人の違いを先生が説明してくれたのがわかりやすくて楽しかったです。

手持ちの服の写真も見ていただき、私には可愛らしすぎる部分や、逆にグレースファッショナブルの要素の部分を教えていただけて、とてもわかり易く、そして手持ちの服もまだまだ着られるということがわかって安心しました。

少しずつ、より自分に似合うグレースファッショナブルなアイテムを増やし、入れ替えていこうと思います。この先、色々ご相談させていただくと思いますので、よろしくお願いいたします。

M・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

誰しも、今まで好きでやってきたファッションに「このままやっていて良いのかしら?」と疑問を持つ時期がやってくるものです。

(もちろん、黒柳徹子さんのように、力業のファッションを押し切ってしまう人もいますが・・・)

そうやってM・Yさんも本当の自分探しとして、正しいパーソナルデザインに巡り会えたわけですね。

正統派だけど、それだけにおさまらない華やかさをプラスしたデザイン で、今後も自信を持って、ファッションを楽しんでくださいね。

もちろん、いつでもご相談に乗りますから、ご安心ください。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「ただ白いだけの顔ではなく本当の美白顔を実感」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メール紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Sさん(30歳・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「グレース・ロマンス」

・M・Sさんの感想メール


先日はコンサルティングをありがとうございました。

今までPC診断は複数受けた事がありましたが、よそで夏と診断され、寄せていったところしっくりこなくて迷走し始めました。
服よりメイクの方が顕著にあらわれ、夏のわりにくすみカラーに弱く、チークをつけた割に血色感はない。リップはつけてしばらくすると、んん?元の唇と同化してなくなった?!という位馴染みすぎて素朴な印象でした。

香咲先生のPC診断でよかったのは他の方の診断で色による変化を肉眼でしっかり確認できた事です。
今まで他で受けた診断では肌の白さ暗さ位でなんとなくしか正直違いがわかりませんでしたが、PCの威力半端ない!と初めて感動しました。

正直当日は診断結果に納得しているものの、春のカラー(今まで敬遠して使った事がほぼなかったオレンジ系)でメイクした自分に違和感しかなく、あまりピンとこなかったのですが、購入した春コスメでメイクして2~3日経った頃からじわじわ実感し始めました。

外出先などでいつ鏡を見ても元気!華やか!な顔色。帰宅時も以前のように顔にお疲れ感を醸し出してなくてビックリでした。

夏のカラーは私には馴染みすぎたせいか覇気がなく、幸薄そうで存在感も薄まっていてまるで自分のパワーまで吸い取られていた感じです。

儚さや透明感に憧れはありますが、今になってあれは美白ではなくただ白いだけでハッピーオーラが完全に死んでいたと思います。

似合うPCメイクをすればテクニックなどなくても苦手な暗い色を着た時の顔色までも改善されて本当に感激です。

今年の秋冬は鮮やかなカラーにも挑戦したいです。ショッピング同行も是非宜しくお願いします。

M・Sさん、ご感想、ありがとうございました。

M・Sさんは以前、某所でパーソナルカラーが「夏」と誤診されていたわけですが、実は誤診のなかでも、もっとも多いのが、「夏」ではない人に「夏」とされるケースです。

「夏」って、青白い色味の多いグループですよね。

そして、厄介(やっかい)なことに青白い色って「夏」以外の人が使っても、その青白さが顔に映って顔色を白く見せてしまう力があるんです。

「白くなったんだから『夏』で良いでしょう?」
なんてコンサルタントに言われたら、「そうなんだ!」と納得してしまう受信者さんが多いのも仕方のないことですよね。

でも、本当は「夏」以外の人に「夏」色を持ってきても、顔色は確かに白くなるのですが、それは顔の血色が悪くなっているだけなんです。

つまり、「透明感のある美白」ではなく「病人やゾンビのような白さ」というわけで、これを「美白(びはく)」ならぬ「ゾンビ白(ゾンびはく)」と言います。

(まあ、そう言っているのは、ベストカラーコムの代表だけなんですが・・・ダジャレですしね)

なお、「ゾンビ白」では血色が飛んでいる状態なので、逆にシミやシワのほうが目立ってしまって、かえって老けて見えたりします。

「夏」色で老けて見えてしまっている人・・・誤診かもしれませんね。

本当の「透明感のある白さ」について、考えさせられるM・Sさんの感想メールでしたね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed