養成講座公式サイトの「卒業生の声」に一件追加しました

公式サイト「イメージコンサルタント養成講座ベストカラーコム」
「卒業生の声」
に当講座卒業コンサルタントの感想文を一件追加しました。


― こちらは受診者用サイトではなく、イメージコンサルタント養成講座の紹介です ―


今回はH・Mコンサルタント(関東)
「ベストカラーコムの30年の道のりを学べたことを噛みしめながら」
です。

ベストカラーコムの養成講座では、イメージコンサルタント 香咲ハルミの30年に及ぶコンサルタント歴にもとづく経験と技術をあますことなくお伝えしています。

我ながら30年というのはなかなか長くやってきたものだと思いますが、H・Mさんからもそれに対する、なんとも素直なご感想をいただきました。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

Q:××より○○が良い、と言われた。××は着てはいけないの?

イメージコンサルティングでは、受診者さんひとりひとりにあわせて、いろいろな角度からアドバイスをします。

でも、そこでよく勘違いされやすいアドバイスもあって、ご質問が多いもののひとつがこちら↓です。

:××のアイテムより○○のアイテムのほうが良い、とアドバイスを受けましたが、××は着てはいけないんですか?

「××より○○が良い」は「××はダメ」という意味ではない

このアドバイスはあくまで「××はよく似合う!」と言っているだけで「○○のアイテム」だって自由に使って良いんですよ。

イメコンは「ここぞ!」という時の一張羅(いっちょうら)とは何かをお伝えし、いざという時に自分のイメージを高めて、より良い人生をつかみ取れるようにお手伝いするものです。

仕事やデートなど、大事な人に会う時や就職活動などなど・・・

そんな「ここぞ!」という時には、パーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったファッションや身体の動かし方などが、あなたにとってとても心強い味方になってくれるでしょう。

「ここぞ!」という時以外は、少しくらい外したって良い

でも、「ここぞ!」という時でもないなら、少しくらいゆる~い考えでも問題ないとベストカラーコムではお伝えしています。

極端に言えば、いざという時以外なら、パーソナルカラー/デザインを無視したところで、それほど問題はありません。

外したところで「普通」になるだけで、誰もその「普通」のあなたを化け物呼ばわりするようなこともないでしょう?

だから、あまり杓子定規(しゃくしじょうぎ)に考える必要もありませんね。

手抜きをしたい時もあったっていいんです。

ただし――
「どこにでもいる普通の人」にはなかなかチャンスは回ってきません。

だから、人生を変えていこうと思うなら、「ここぞ!」と思う時こそ、パーソナルカラー/デザインが必要になるでしょう。

パーソナルカラー/デザイン原理主義になる必要はありませんが、「ここぞ!」という時の圧倒的な武器がある、って、とても心強いことですよね?

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

■ こちら↓でも他のご質問にお答えしています。
公式サイト「よくあるご質問 (Q&A)」

■ その他のQ&A

:キュート・タイプで分類しないケースがある理由は?

:パーソナルカラーやパーソナルデザインは整形手術で変わりますか?

:パーソナルカラーは年を取ると変わりますか?

:パーソナルデザインは年を取ると変わりますか?

:「あざやかで明るめの色が似合う秋」や「あざやかで濃いめが似合う夏」の人っていますか?

:整形手術で元の顔と変わっているのですが受診できますか?

:パーソナルデザイン診断で、違うタイプを消していった順番の意味を教えてください

:パーソナルデザイン診断結果、メインとサブの2タイプが相反する個性のものだったら、どうすれば?

:私に合う具体的なアイテムやブランド名は何ですか?

:「診断の日にたまたま着ていった服の雰囲気で、診断結果が左右されるようなことはありませんか?」

:自分ひとりだけで診断を依頼しても良いでしょうか?

:ブログなどへの写真掲載は強制ですか?

:6日間の養成講座で本当にできるようになるのですか?

(他の記事でもさまざまなご質問にお答えしていますので、他の過去記事にも目を通されてみてください)

受診者さんの感想メール紹介――「かわいい、ではなく、初めてキレイと言われました」(20代・女性)

今回は前回のF・Oさん(20代・女性)から続きで嬉しいメールをいただきましたので、そちらもご紹介します。

― 了承を得られたお客さまのみ紹介しています ―

今回の受診者のF・Oさん(20代・女性)の情報は――

F・Oさんの情報は以下の過去記事をごらんください。

・F・Oさんの感想メール・続


診断以降、前髪を作ったり髪を結ぶ際には後れ毛を出すようにしたり、メイクはマスカラをきちんと塗るようにしたり、フェミニンを意識したヘアメイクに変更しました。

そうしたら、先日、夫から「ほんまにべっぴんさんや…今日の服とか髪型とかめっちゃ好き」と言われました!

お恥ずかしながら可愛いとはしょっちゅう言ってくれるのですが、べっぴんさんという褒め方は6年近く一緒にいて初めてでした。すごくすごく嬉しかったです。

夫は「これ(後れ毛を指しながら)がいい」と言っていました(笑)

そして、パーソナルカラーとパーソナルデザインの威力を実感しました…もはや、こわいくらいです。

先生、ありがとうございますm(__)m

F・Oさん、ご感想、ありがとうございす。

パーソナルデザインのタイプによって、他人から貰う褒め言葉もさまざまです。

F・Oさんのような「フェミニン・ナチュラル」のかたなら、「キレイな女性」と褒められることも多いでしょう。

でも、人の個性は機械みたいにパーソナルデザインのステレオタイプにはまるものではありませんね。

しっかりしているようで実はおっちょこちょいだ、
とか、
キリッとしているようで涙もろい、
とか、
アンニュイな感じなのに少しのことでケラケラ笑う人だった、
とか・・・

人の個性もさまざまです。

そして夫となる男性は、妻のそんないろいろな個性を見ていくことで、「かわいい人だ」と感じていくケースも多いそうです。

なので、夫からはこれまで「かわいい」としか言われてこなかったけれど、コンサルティングを受けて、「キレイ」だと言われて驚いた、という体験をする人も少なくないんですよね。

F・Oさんの体験がこのケースに当てはまるかはわかりませんが、しかし、F・Oさんのご主人のとっても素直な褒め言葉は、そんな体験をされた受診者さんたちの話を思いださせてくれました (^ ^)

夫婦仲のさらなる深まりに、少しでもお手伝いできたのならとても嬉しく思います。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」
好評発売中:詳細ページへのリンク↓

受診者さんの感想メール紹介――「自分が本当は不細工でも女性らしくないわけでもないと気づけた診断」(20代・女性)

今回は少しひさびさの、受診者さんの感想メールのご紹介です。

― 了承を得られたお客さまのみ紹介しています ―

今回の受診者のF・Oさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「フェミニン・ナチュラル」

・F・Oさんの感想メール


昨日はありがとうございました。

今回、夏フェミニンナチュラルという結果がわかって本当によかったです。

以前、他の所で別の結果に診断されたときは、言われた通りの装いをしても「(性格が)きつい、可愛げがない」と言われたりいじられキャラに落ち着いてしまったり、鼻の低さ丸さや頬骨のでっぱりが気になって、「自分はやっぱりブサイクなんだ。女性らしくないんだ…」と思ってばかりでした。

そうして悩みながらいろいろ調べているうちに香咲先生の書籍を拝読して、もしかして誤診かも?本当は夏のフェミニンタイプかも…?と思い当たるようになりました。

そうしたらまさか本当にその通りだったとは…。おどろいて叫んでしまいました(笑)

最後のメイクアップ後の写真、まったく濃いお化粧はしていないのに、綺麗に見えてびっくりしています。

香咲先生に診ていただけて本当によかったです。

夏フェミニンナチュラルについての知識と、自分を客観視できる審美眼をどんどん鍛えていきたいので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

F・Oさん、ご感想、ありがとうございました。

正しいパーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったアイテムで身を飾ると、自分の個性がよりステキに引き立ちます。

でも、これって逆に言うと、合わないアイテムでは個性の良さが消えるどころか、逆に個性的な部分が悪目立ちして、マイナス側に振り切れてしまうこともあります。

たとえば、女性的な雰囲気の人がさっぱりしすぎる服装でいると、女性らしさが消えてしまい、まるで元から女性らしさがなかったような感じになってしまう人もいるわけです。

F・Oさんはそういった体験をなされたのかもしれませんね。

でも、正しいパーソナルカラー/デザインを知ったからには、もう安心です。

自分の本当の個性を活かして、似合うファッションを楽しんでくださいね。

ということで今回はここまで。
それではまた――。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」
好評発売中:詳細ページへのリンク↓

写真原人【3】

写真の話が続きますが、今回は小ネタ2本立てです。

ピースするのは日本人だけ?

写真を撮るときにするピースサインは、ほぼ日本人特有の写真向けポーズだそうです。

元はイギリスの首相が戦争に勝つ、つまりヴィクトリーのVの字を(戦争に勝って平和=ピースを)意味しておこなったのが始まりと言われていますが、なぜか、日本で写真の定番ポーズとして広がっています。

ただ、このピースサイン、国よっては挑発や卑猥な意味にもなるところもあるので、海外旅行では注意したほうが良いかもしれません。

しかも、将来、ピースは日本人だけしかしてないという情報が出回って、ダサいポーズという風潮になることでもあったら、昔の写真が黒歴史になってしまうかも・・・

いつも当ブログで言っていることですが、流行は変わります。

「今はみんな、してるから」という理由だけでマネしていると、いつの日か、忘れたい写真に変わるかもしれません。

写真は将来の自分に向けて残す記録でもあります。
自分に合った姿勢で写りたいですね。

少し派手めにしないと地味に写ることもある

写真はありのままを写す・・・ようでいて、実際はそうでもありませんね。

写真写りが良いとか悪いとかいう話が出てくるのも、肉眼で見たときと印象が変わることがあるからですね。

写真写りをよくする方法をこれまで紹介してきましたが、もうひとつ、ポイントがあります。

それは、
写真は少し濃い化粧でないと地味に写ることもある
ということ。

スマホなどの補正機能で華やかな画面にすることもできますが、他人に撮られるときなどは、自分の思い通りにはいきませんね。

他人に写真に撮ってもらうときは、少し濃い化粧で派手めにしておくと良いでしょう。

もちろん、普段もずっとそんなふうに派手めにしていては、イメージが下がってしまうパーソナルデザインの人もいることは・・・
わざわざ言うまでもないですかね。

ということで、今回はここまでです。
それではまた。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」
好評発売中:詳細ページへのリンク↓

コンサルタントに見せるための写真の撮り方【UPDATE】

本記事は 2021年10月30日 掲載分の追記版です。

ベストカラーコムには、受診者さんが自撮り写真を送ってきて、その時着ている(試着している)服について無料でアドバイスするサービスがあります。

今回は「コンサルタントに見せるための自撮り」のコツと注意点をお伝えします。

普通の自撮り感覚で撮るとアウト!

お店(や家)でお気に入りのアイテムを身につけて試着したら、自撮り写真を送ってコンサルタントにアドバイスを求めるわけですが、ここで注意したい点があります。

普通の自撮りはSNSなどにアップするなどのため、自分の顔を中心にキレイに見せるためのテクニックがありますね。

でも、コンサルタントに送る写真に、そんなテクニックを駆使(くし)してしまうとアウト です。

ありのままのあなたの写真でないと、アドバイスがずれてしまう危険があるからです。

診断のときに、メークを落としてもらい、白いケープをかけて素のままにしてしまうのも、ありのままのあなたを診(み)るためで、上の話と同じ意味ですね。

ということで「アドバイスを求めるための自撮り」のポイントはこちら↓

コンサルタントに見せるための自撮り方法

①鏡に映った自分を撮る

自撮りするのではなく、カメラ(スマホ)を鏡のなかに映っている自分の姿に向けて、全身像で撮ってください。

他人の立ち姿を撮影するような感じですね。

②カメラ(スマホ)は脇あたりに構える

カメラを顔の高さに構えた写真では、あなたの顔が見えなくなります。
また、足も短く写ってしまうかもしれません。

しかも、胸の前にカメラがあると、肝心の服がカメラと腕に隠れてしまいます。

③視線は鏡の中のカメラのレンズ(自分の姿にではなく)に向ける

写真を撮る時の視線は自分が手に持っているカメラに向けるのではなく、鏡に写っている方のカメラのレンズを見てください。

また、鏡の中の自分に、ではなく、あくまで鏡の中のレンズを見つめてください。

レンズから視線が外れていると、目の向きが変な方向に向いた写真になることがあります。

④最低限、口紅とチークは付ける

やはり、パーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったメークで顔色をしっかりと出した状態で写真を撮ったほうが、似合うアイテムかどうかの判断もしやすくなります。

また、マスクを付けている場合は、一時的に外して 写真を撮ってください。

その服が顔に似合うかをアドバイスするための写真ですので、マスクで顔を隠してしまわないようにご注意ください。

また、メールに添付してお送りいただく時には、あなたのフルネーム(同じ名字の受診者さんがいるかもしれないので)パーソナルカラー・パーソナルデザインを必ず書いてお送りくださいね。

(お名前がないメールはメールアプリのスパムフィルター機能によって、自動的にゴミ箱に振り分けられてしまうことがあります)

なお、もうひとつお願いしたいことが――

画像には必ず番号を書いて送ってください。

アドバイスする時にどの写真のことを話しているか、お互い混乱しないようにするためです。

ということで、「コンサルタントに見せるための写真の撮り方」でした。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」
好評発売中:詳細ページへのリンク↓