Monthly Archives:5月 2020

受診者さんの感想メール紹介――「大変な目にあったけどそのなかで嬉しいことが」(20代・女性)

今回はコンサルティングの感想メールをご紹介します。

この新コロナウイルス問題の余波を受けて大変な目にあってしまったけれど、そのなかで嬉しい体験もされた、という少し複雑なお話です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のS・Nさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ファッショナブル・グレース」

・S・Nさんの感想メール


なんと、先生にメールを入れた翌日、勤め先の会長より電話があり、職場が閉店、解雇になりました。

今日書類を書きに行き、無事(?)退職しました。未だポカンとしております。

今日の会長との面談、冬のグレースファッショナブル思う存分やるなら今日だと思い、“決め”て行きました。

目元はアイシーピンクのベースにシルバーラメ入り深いパープルグレーの締め色、眉毛はコバルトグレーで。

シルバーの糸が混じった白いトップスに、真っ黒のシュッと細いパンツ、尖った大きめの襟がついた黒いコート。

髪は後ろで1つにまとめてきっちりスタイリング剤でなでつけて行きました。

すると「あれ?君こんな感じだったっけ?あらぁ!へぇ!」とどう見ても好感触、当初伝えられていた条件よりいい待遇で退職できることになりました。
わざわざ事務の人を呼び出し、退職日を数日ずらして有給を増やしてくれました。

帰り際も、「自分は人の名前が中々覚えられないんだけど、Nさんは一度見ると忘れないね!はぁ、あなたがNさんなのね!!へぇ!」と何故か嬉しそうでした。
辞めるのに(^u^;)

S・Nさん、ご感想、ありがとうございました。

こういうご時世ですから、同じような大変な目にあっているかたもたくさんいらっしゃるのでしょうね・・・。

そういうわけでストレートに「良かったですね」とは言えない内容ですが・・・でも、そのなかでも面白い体験をなさいましたね。

人間って思っているよりも、外見の違いによって対応を変えてくる人が多いです。
お買い物に行くとき、ある程度着飾っていくことを私がおすすめしているのも、店員さんの協力的な態度を引き出すテクニックとして有効だからです。

S・Nさんの今回の体験は退職という大変な事態でしたが、そのなかでも自分のイメージを活かすことの意義をしっかりとお掴みになられたと思います。

きっとそれは次の機会にうまく活かされていくはずです。
私もお手伝いしますから、いつでもご相談くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

口紅のせいで唇が荒れる人々【2】

香咲ハルミ post on 5月 7th, 2020
Posted in パーソナルメーク

前回に続き、私は元気です。
味覚障害や発熱などもなく、穏やかな日々を過ごしております。

さて、ゴールデンウィークも終わり、だんだんと雨期が近づいてきている日本ですが、それでも唇の乾燥や荒れが止まらない、という声もときおり聞こえてきます。

ということで、唇の荒れを防ぐためのお話の続きです。

メークしなければ肌荒れはかなり防げる

唇や肌の荒れを防ぐために大事なことは、
「休メーク日」
をもうけること。

メークしない日、もしくはメークをしない時間をできるだけ増やすこと。

これって多くの人に効果てきめんです。

前回、書いたように化粧時間が長いと肌荒れが起きる確率が上がります。

とくに唇は粘膜が露出している部分。そこに口紅を塗り続けていれば、荒れやすくなるのも分かりますよね。

唇に限らず、何かを塗り続けるのは肌の健康には良くない、ということでしょう。

実際、受診者さんのなかにも、「休メーク日」を作る、または一日のうちで「休メーク時間」を多く作るようにしたかたで、「肌荒れが改善した!」という人も多くいます。

あせていた唇の色が回復してきた、と大喜びされていた受診者さんもいらっしゃいましたよ。

ただ、ここでひとつ、勘違いしないでいただきたいのですが、私は「メークは悪だ!」と言っているわけではありませんよ。

「あなたのステキ度をアップさせてくれるのがメーク」
なんです。ですから、
「メークと賢く付き合っていきましょう!」
と言いたいのです。

ダイエットが肌荒れを呼ぶ

もうひとつ注意したいのが、過度なダイエットです。

過度なダイエットでは体から栄養が抜けてしまいます。

そして、先ほども書いたように、唇は粘膜が露出している敏感な部分。
栄養が少しでも抜けると、その影響が目に見えて現れるのが唇というわけです。

唇や肌の荒れを防ぐためには、以下のような健康的な生活が必要ですね。

  • 適度な食事
  • しっかりした睡眠
  • ポジティブな思考や言動

結局、一時的にキレイになることは簡単にできても、
ずっとキレイでい続けたいのなら、健康的であれ、
ということでしょう。

それに、ダイエットで免疫力が落ちれば、感染症などにも負けやすい体になってしまいますし、注意が必要ですね・・・。

ただし――
なかには、ここまでやっても治らない人もいます。
その場合は、当然、お医者さんにかかる必要もあります。
自分の健康に過剰な自信を持つのも良くないでしょう。

そうはいっても、まずは自分でできることは試してみる。
その上での話だと思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed