Monthly Archives:12月 2018

受診者さんの感想メール紹介――「クローゼットを似合うもの=好きなものでいっぱいにしたくなりました」(20代・女性)

ということで、本年最後もコンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Sさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「秋」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・A・Sさんの感想メール


先日は楽しい時間をありがとうございました。

はじめての診断で緊張していましたが、先生の明るい人柄にホッとしました。またトントンとテンポの良い説明に圧倒されながらも、色やデザインの魅力にハマってどんどん楽しくなっていく自分に気がつき興奮しました。

カラー表(編注:色見本手帳)をすぐに使ってみたくなり、帰りにすぐ新宿ルミネに行きました。

デパートに行くのは久しぶりで、購入はしなかったのですがたくさんの秋色の服にトキメキました。もともとベージュやブラウンが大好きでしたが、より自分に似合う色やデザインの服を見つけられるようになりたいです。

またベーシックなものだけにならないように、アクセントカラーを使えるように挑戦してみたいです。

化粧下地については、色味を見直して先生にアドバイスいただいたオークル系で馴染むものをすぐに購入しました。診断後の資料が下地を選んでいる最中に届きとても役に立ちました。素早いお返事嬉しかったです。

当日、先生からどうして診断にきたのか聞かれ、彼氏からワンパターンな服ばかりと言われたからだと答えましたが、彼氏のためでなくても本来自分は服が好きでオシャレを楽しんでいたなということを思い出しました。つまらないクローゼットがこれからどんどん好きな物でいっぱいにしたいです。

教えていただいたことを自分の知識にして使うにはこれから深めていかなくてはなりませんね。

これからもたくさん先生に聞きたいです。よろしくお願いします。

A・Sさん、ご感想、ありがとうございました。

受診されたきっかけは彼氏さんの「ワンパターンな服ばかり」という言葉だったそうですが、今度は彼氏さんから逆に「服を買いすぎじゃない?」と言われるようになるかもしれませんよ(^ ^)

というのも、似合うアイテムならたくさんなくても、それらを組み合わせていくだけで、さまざまなバリエーションができてしまうからです。

似合うアイテムどうしの組み合わせだからこその芸当と言えるでしょう。

実際、私自身もそんなに物を持ちたいほうでもないのに、「無数に服やアクセサリーを持っているかのように思ってた」と言われたことが何回かありますからね。

そういう意味ではイメージコンサルティングって、上手に使えばとっても経済的です。

A・Sさんもひとつずつ似合うアイテムをそろえていって、さまざまな組み合わせのバリエーションを楽しんでほしいと思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「10代の自分でもしっかりと診断してくれて感謝」(10代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールご紹介です。
年内いっぱいはメール紹介をし続けるかもしれません (^_^)

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のH・Kさん(10代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ファッショナブル・ナチュラル」

・H・Kさんの感想メール


お伺いする前、こんな小娘が診断なんておこがましいだろうか、などとすごく緊張していました。けれど、その点については軽くスルーしてきちっと診断してくださったので、とても感謝しています。

パーソナルカラー診断では、似合う色がわかってよかったです。どの色を当てるかによって、顔色のみならず顔の輪郭や肩幅まで変わるんですね、驚きです。肩幅が広いのをずっと気にして生きてきたので救われた思いです。

また、布単体で見たときと、顔の下に当ててみたときとで布の色が変わって見えるのにも心底驚きました。そして、他の方の診断の様子を見ることで、似合う色の違いがはっきりと分かったのもよかったです。似合う色ってああも美人になれるんですね。

パーソナルデザイン診断では、まさかのナチュラル要素があると言うことでとても驚きました。丁寧に他の選択肢を消したりナチュラルっぽさを挙げたりしていただきありがとうございました。お陰でなんとなく納得できたような気がします。また、他の方の診断は納得できたので、たぶん私のも似合っているんだろうなあと思います。これも複数人で診断する利点ですね。

診断後、先生に薦めていただいたファンデーションと、アズールのグレンチェックのチェスターコートを購入しました。チェスターコートを試しに羽織ってみたとき、店員さんの”似合いますね”のトーンが本心っぽかったことや、帰りに寄ったスーパーの店員さんの対応がいつもよりすごく丁寧だったことから、これはいい感じなのでは??と浮き足立っております。これからも精進していきたいです。

時間がとれ次第、手持ちの服の着衣画像をお送りして診断をお願いしたいと思っています。その時はまたよろしくおねがいします。

今日は本当にありがとうございました。では失礼します。

H・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

前回紹介した感想メールのMさんも10代で、実はH・Kさんと同い年のかたです。

H・Kさんの感想のなかにもありましたが、お若い女性の診断依頼も多いですし、そこは年齢で対応を変える、といったようなことはしません。

そもそも私、香咲もかなり長くイメージコンサルタントをやっている身ですから、さまざまな事情のお客さまを診断してきました。

自分は「若いから」とか、逆に「年配だから」とか、お客さまの事情で態度を変えるようなことは絶対にありませんので、ご安心くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「『まだ若いからどんな服を着てもいい』と言われたことが嬉しくて」(10代・女性)

まだまだ続く――コンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Kさん(10代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・M・Kさんの感想メール


先日はお世話になりました。

初めは緊張していたのですが、お話しているうちにリラックスすることができ、とても素敵な時間を過ごせました。

ただ診断をするだけではなくて、色やデザインの知識を教えてくださったので、診断の内容にも納得することが出来ました。

自分の似合う色について、自分が1番分かっていなかったなと感じました。パーソナルカラーがウィンターと判明するまでは、ずっとスプリングだと思っていたので、結果は衝撃的でした!

今まで、コントラストのはっきりした色、ブルーベースの色は似合わないだろうと避けてきたのですが、ドレープをあててみると、顔がスッキリして見えたので驚きました。真っ白と真っ黒が似合うと知って、おしゃれの幅が広がったような気がします。

パーソナルデザインに関してもそうなのですが、一度分かると自分の考えに軸が出来るというか、迷いが減ったように感じられ、以前より自信がついたように思えます。

その一方で、「まだ若いからどんな服を着てもいい」と言われたことも嬉しかったです。

これからも服やメイクを楽しんでいきたいです。本当にありがとうございました。

また、お世話になる時はよろしくお願いいたします!

M・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

前回の記事でA・Kさん(40代・女性)のご感想を紹介させていただきました。

M・KさんとA・Kさんは、同じ「冬」「グレース・フェミニン」ですね。

同じタイプであっても、前回のA・Kさんは年齢を経ていくなかで、自分に合ったアイテムを上手に選ぶことをお知りになったわけですが、M・Kさんはまだ10代ですから、これからですね。

今はまだその若さゆえの肌ツヤで、ある程度はゴリ押しできてしまいますから、自分のパーソナルカラーやパーソナルデザインに限定することなく、さまざまなアイテムに挑戦するのも悪くないと思います。

ただし――
自分をステキに演出しないといけない、そんな「ここぞ!」という時には、パーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったファッションでバッチリとキメましょうね!

わからないことがあれば、いつでも相談に乗りますから、まずはファッションを楽しんでくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed