Monthly Archives:11月 2020

受診者さんの感想メール紹介――「コンサルではイメコンの歴史から説明され、より興味が強くなりました」(20代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Tさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「キュートアバンギャルド」

・A・Tさんの感想メール


先日は診断して頂き有難う御座いました。
自宅に戻り、お送り頂いたお写真と資料を確認させて頂きました。

パーソナルカラーのチェックからパーソナルデザイン診断、メイクまであっという間のひと時でした。

私自身大学在学時、コミュニケーションに関して学んだ経験があり、第一印象や振る舞いに関してとても関心があった為、直接イメージコンサルティングの歴史からご説明頂き、よりイメージコンサルティングの興味、関心が深まりました。

過去に受診したパーソナルカラー秋から今回パーソナルカラーが冬になりかなり戸惑いがありましたが、少しずつパーソナルカラー冬のアイテムを増やしていこうと思います。

パーソナルデザインに関してキュートアバンギャルド の説明で「小柄な姉御肌」というのがまさに自分だなと思いながらキュートアバンギャルド の説明を聞いていました。これから冬アバンギャルドの装いをした際の周りの反応が楽しみになりました。

昨今SNSで知識を発信、得る機会が容易になりました。そして必然的に素人から発信されている情報も多い為、誤った情報もあるということを見極め、頂いた資料や先生の過去のブログ記事を参考にトライアンドエラーをしながら自分に似合うベスト、ベターなものをチョイスできるよう今後ファッション、メイクを楽しんでいきたいと思います。

改めまして診断頂き有難う御座いました。
今後共どうぞ宜しくお願い致します。

A・Tさん、ご感想、ありがとうございました。

ご感想のなかにもあったように、コンサルティング中にイメージコンサルティングの歴史や現状、それらをどのように受診者さんの人生に役立てていけば良いのか、など、さまざまなお話をします。

イメージコンサルティングの本質・・・なんていうと少しおおげさですが、少しでもそれを受診者さんに知ってもらうことで、イメコンを自分の人生に活かしたいというモチベーションにつながるように、と考えています。

とにかく、イメコンにかかわるさまざまなお話を次々としますので、頭がパンクしそうだと感じる受診者さんがいらっしゃるかもしれませんが、わからないことが出てきたら、後日、いくらでもご質問ください。

一気に理解しないといけないものではありませんので、少しずつ少しずつ、コンサルタントと一緒に学んでいけば、すぐにパーソナルカラーとパーソナルデザインを使いこなせるようになると思います。

A・Tさんも遠慮なさらず、いつでもご連絡くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「歩いているときでも、だれに会うときにでも堂々と過ごせるようになる」(20代・女性のご家族について)

前記事で感想を紹介したA・Hさんのご実家は有名企業の経営一族でいらっしゃるのですが、今回はそのご実家のかたがたが受診されたことについて、触れられている部分をご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

・A・Hさんの感想メール(続き)


また、叔父や母をはじめ家族や弊社の者もたくさん見ていただきありがとうございました。

私が覚えている限り一度も口紅をつけたことのなかった母が毎日口紅をつけて、今日はこれにしてみたよーと報告してくるのがとてもうれしいです。

叔父も私や母と同じく弊社に勤めているのですが、母が強いためなかなか自分がだせなかったりすると私が入社する前からよく話をきいていました。

優しくて気さくな叔父は、プライベートでもなかなか自分の話を率先するほうではなかったのですが、コンサルをうけてからすぐ報告をしてくれてとても驚きました。

とても充実して楽しい時間だったんだと思います。

コンサルで見ていただいたのは外見でしたが、自分の外見に自信をもって合うものをチョイスできるようになったという実感があるだけで今後会社でも、道を歩いているときでも、だれに会うときにでも堂々と過ごせるようになるのだなと感動いたしました。

A・Hさんのご感想は、まさにイメージコンサルティングが必要とされている理由そのものですね (^ ^)

前記事でも書きましたが――
自信がないという人が多いこの社会で、大きな自信を持って生きていけることは、それはすごいこと。

それをA・Hさんだけでなく、ご実家のかたがたも実感していただけたのなら、とてもコンサルタント冥利につきます。

イメージコンサルティングは人生を良い方向に変えるための手助けをするもの。

今後もA・Hさんやご家族のかたがたのように、イメージコンサルティングで自信ある人生を送れるようになった、という人々が増えていけば良いなあ、とコンサルタントとして心から思っています。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「何を着ても似合わないと思っていたのに、似合う服がどんどん見つかるように」(20代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Hさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「キュート」

・A・Hさんの感想メール


もともとメイクや洋服などおしゃれに興味がなかったわけではないのですが、自分の外見は好きではなかったし、何を着ても似合わないという思い込みでただシンプルな服装をして、周りと同じメイクをしていました。

今回コンサルを受けたのも、親友がずっと興味があって受けたいけど1人で受けるより一緒に受けたいと話していたので、ほとんど親友と会って楽しめればいいのかなくらいの感じでいました。

ですが、コンサルをうけてみて、自分に似合う色でメイクをしたり、似合う服を着てみて今までよりも何倍もおしゃれが楽しくなりました。

自分の外見のことも、例えば目が小さい気がするとか鼻が低い気がするとか、そういうところばかり気になってどんなメイクや服を着ても結局元がこのままじゃ変わらないなという意識でしたが、自分の今の顔のままでもすごく自信をもっておしゃれできるようになりました。

以前よりずっと鏡を見るのが楽しいです。

お買い物同行を親友としたのも、二人とも合う服のタイプが全く違うのが見ていて楽しかったです。

もちろん親友が似合うのに私が着ると微妙という服が個人的にすごく好きだったりすると、いいなあと思うこともありましたが(笑)、自分に似合うとおすすめされた服を着たときに自分が家から着てきた服をきているときと全く違って魅力的に見えるのがうれしくて、充実した時間でした。

特に印象にのこっているのが、赤いチェック柄のスカートのセットアップを試着したときです。お店に飾ってあるのを見たときは人が着るとどうなるか全く想像つかなかったのですが、いざ試着してみたときに自分でもびっくりするくらいしっくりきて、衝撃だったのを覚えています。

大事にたくさん着ようと思います!^^

A・Hさん、ご感想、ありがとうございました。

A・Hさんは何気なしに友達の付き添いでコンサルを受けただけだったようですが、大きな喜びをさし上げることができたようで、とても嬉しく思っています。

感想文によると、A・Hさんはご自身の外見に自信がなかったとこのこと。
日本人にはそういう人も多いそうです。

ただ自信がないだけでとどまらない「醜形恐怖症(自分は醜いという恐怖症)」というレベルになっている人も、世界に比べて日本にすごく多いという調査もあるとか・・・。

そして、自信を生み出すためのとても大きなポイントのひとつが、ファッションですよね。

ですから、イメージコンサルティングによって自分の個性を活かすファッションを知ることは、自分の人生に自信が生まれることにも繋がるわけです。

自信がないという人が多いという社会において、大きな自信を得て、生きていけるって、それはすごいことだと思いますよ。

もちろん、「私は自信があるよ、外見はともかく中身にはね」という人でも、そこに外見の自信が加わるのですから、これはもう無敵ですね (^ ^)

さて、A・Hさんのご実家はとある有名な企業なのですが、A・Hさんを皮切りに、ご実家のかたがたが次々と受診されています。

それに関する感想もいただいていますので、次回、ご紹介しますね。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed