Monthly Archives:5月 2019

有名人をファッションの参考にするのは「失敗」の元【2】

ということで、「有名人をファッションの参考にするのは『失敗』の元」の続きです。

今回は有名人のファッションを参考にすると危険な理由の2つ――

  1. 有名人も自分に合った装(よそお)いばかりとは限らない
  2. あなたの個性は誰のマネでもない世界でひとつだけのもの

このうちの2について解説します。

2.あなたの個性は誰のマネでもない世界でひとつだけのもの

有名人を参考にしたい、という理由のひとつに、
「有名人にマネた格好を楽しんでみたい」
というものもありますね。

こういう遊びでマネるというのも、ファッションのひとつの楽しみ方ですから、まったく問題ないと思います。

(究極的には『ファッションは似合う物でないといけない』なんてことはない。そう思います)

問題は、有名人のマネをしていればステキになれる――というか、服選びに楽ができる――という考えがある場合は要注意、という話。

そもそもあなたは世界で、オンリーワンの人なんです。

有名人のマネをしても、その人にはなれません。
逆に、その有名人だって、あなたのマネはできないのです。

世界でひとつしかない自分の個性を誰かのマネで「二番煎じ」にしてしまうのは、本当にもったいないことなんですよ。

まして、有名人の写真や映像を見て、マネしようとしても、そもそも写真や映像には手が加わっている場合がほとんど。

例えば、映像の場合は、強い照明やファンデーションのベタ塗りで肌の色を飛ばしていたりします。

似合っていないファッションでも、共演者が無条件で褒めたたえたりもします。前回の記事でのべたように、広告ですからね。

写真の場合は、そもそもCGで処理されるのは当たり前のことです。現実の顔やスタイルが写真や映像と差があることなんて、ざらですね。

そんなメディア上の「普通じゃない状態」の人たちを、「普通の状態」のままでマネると、バランスが悪くなってしまうのも、ご理解いただけるでしょう。

そもそもパーソナルカラーやパーソナルデザインのパーソナルという部分は、
「”あなたの”生まれ持った個性に合うファッション」
という意味です。

”あなたの”個性――
それは”他人の誰か”を参考にしてできあがったものではない、”あなただけ”のもの。

ぜひ、その「世界でひとつだけの個性」に自信を持って、自分の世界を作っていってください。

もちろん、ひとりきりで悩む必要はありません。
何度も何度も言っているように、そこにコンサルタントがいるのですからね。

他にも理由があります

ところで――

有名人を参考にするのが難しい理由は、こまごまとしたものなら他にもあるわけですが、それについては当ブログのバックナンバーで紹介していますので、そちらも参考にされてみるのも良いでしょう。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

有名人をファッションの参考にするのは「失敗」の元

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

今回は、受診者さんの感想メールではない記事をお届けします。
超々ひさびさですが・・・。

前回のA・Nさんの感想メール紹介記事内で、
「有名人を参考にするのは、いくつかの理由で非常にハードルが高い」
と書きましたが、その理由をご紹介しましょう。

有名人を参考にすると失敗の始まり?

ときどき、
「どの有名人を参考にすればいいですか?」
という質問を受けます。

「憧れの人に近づきたい」とか「誰かを参考にして服選びを楽にしたい」とか・・・
そんな有名人を参考にしたい気持ちもわかります。

ですので、参考にできるような有名人がいれば、紹介することも、なくはありません。

「なくはありません」なんて、ナイのかアルのか、よくわからないような書き方をしましたが、本当のところは、積極的に「有名人を参考にしましょう」とは言わないようにしているのが実際のところです。

もちろん、そこにはちゃんとした理由がありますよ――それも2つ。

  1. 有名人も自分に合った装(よそお)いばかりとは限らない
  2. あなたの個性は誰のマネでもない世界でひとつだけのもの
1.有名人も自分に合った装(よそお)いばかりとは限らない

有名人、というか、この場合、モデルや女優といった人たちのことですが、彼女たちがテレビやステージ上で見せているファッション。

あれって多くの場合、自分で選んだ物ではないケースが多いそうです。

実際、有名ファッション誌のモデルさんであっても、その着ている服がパーソナルカラー・パーソナルデザインにあっているかと言えば、そうでない人も多かったりします。

そもそも、ああいったマスコミなどは、「モデルさんを紹介すること」が目的ではありませんよね。

目的はあくまで「服や化粧品の宣伝」です。

つまり、有名モデルに「売りたい服」「売りたいアクセサリー」を使わせ、「売りたいメーク」をさせて、「あなたもぜひ、このモデルのマネをしてね」と宣伝しているわけです。

そういう人たちのファッションを参考にするよう、コンサルタントが言ってしまうと、かえって受診者さんを迷わせてしまうことになるのは、ご理解いただけるでしょう。

かつて、あるメーカーのかたがこんなことを正直に言っていました。

「売りたいものを某モデルに着せると、客は飛びつく。モデルに似合うか似合わないかは関係ない」

客のことを、投げ込まれた餌に集まる池の鯉みたいに言ってますが、実際、モデルの集客効果は高いようですね。

ただし、ひとつ冷静になって理解しておきたいのは――

さっきも説明したように、有名人のファッションは、自分で選んでいるのではなく、スポンサーの意向に従っているケースが多い、ということです。

そして、マスコミの多くもスポンサーの意向に従って、そんな有名人のファッションをほめたたえるわけです。

広告業界なんだから、全てが広告になるのは、しかたがないのかもしれませんが、消費者側である私たちのほうも、かしこくならないといけないということなんでしょうね。

ということで、今回はここまで。

次回は「2.あなたの個性は誰のマネでもない世界でひとつだけのもの」についてお届けします。

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「これからは自信を持って自分の女性らしさを活かすファッションを」(30代・女性)

もはや定番となりましたが、今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Nさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「フェミニン・ロマンス」

・A・Nさんの感想メール


香咲様
写真と資料ありがとうございました!

早速、ドラッグストアで買える春メイクの化粧品でメイクしてみたところ、「発光してる!?」というくらいイキイキした表情になった気がします。

今までは夏メイク(編注:以前、別所で「夏」と誤診されていました)で色白&透明感出せてると思ってましたが、たぶん周りから見ると幸薄い感じになっていたのではないかと思います。夏メイクの化粧品は勿体ないので、気配を消したい時用に取っておこうと思います。

早速ですが、質問です。
「春・フェミニン・ロマンス」の組合わせの場合、参考にできる芸能人はいるでしょうか?
パーソナルデザイン診断前の講義では、それぞれ個別のデザインの芸能人を教えて頂いたのですが、組合わさった時のイメージが掴めなくて。教えて頂けると嬉しいです。

それにしても春・フェミニン・ロマンスって、春の女神って感じの字面ですね。
実は仕事が理系エンジニアで、普段は男性の中で働いている私には少しくすぐったいくらいの「THE・女性」といった診断結果でしたが、これからも自信を持って、女性らしい格好をしたいと思います!!
(普段から割りと女性らしい服装ではありましたが、見た目くらいは女性らしくしないと。。。という後ろ向きな気持ちで服を選んでました。)

これからも色々質問させていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

A・Nさん、ご感想、ありがとうございました。

「春」「フェミニン・ロマンス」となれば、「明るい色に包まれた、ふわふわとして品の良い女性らしさ」が活かせるタイプ。
まさに、A・Nさんの「春の女神」という表現にも合っていますよね。

もちろん、「女性らしさ」と言っても、その種類はさまざまです。
自分に合ったファッションとメイクで、大人の女の魅力を活かすことができるのは、どのタイプでも変わりませんので、他のタイプのかたでもご安心ください。

さて、A・Nさんのご感想のなかで、「芸能人を参考にしたい」というご相談がありました。

――が、実は有名人を参考にするのは、いくつかの理由で非常にハードルが高い話になってくるんです。

次回あたり、有名人に関する注意点、というかポイントを紹介できれば、と思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed