ツイード・スーツの流行

ツイードのスーツ1

今年に入ってからも、数多くのお客さまに、春のスーツ選びをお手伝いしました。
(足を骨折してましたので長時間は無理でしたが……)
その現場で、さまざまなことが見えてきました。

昨今、入学式や卒業式などの公式の場で異変が起きています。

それは、
多くの人がツイードのスーツを着て出席している
ということ。

一昔前なら、
「きちんとした場所には、ツイードはちょっと問題が……」
と言われていました。

でも今は、普通の生地のスーツって、就活用ぐらいでしか、見当たらなくなりつつあるくらいです。


ツイード全盛になった理由は――

    ツイードのスーツ2

  1. スーツが流行らない
    一般的に今はスーツを着ると、「堅苦しい」「一部の堅いお仕事」「大げさ」といったイメージがあります。仕事以外で着ている人を見つけるのが難しいくらい。
  2. ↓ ↓ ↓

  3. 世間は全体的にカジュアル路線
    世の中、みんなカジュアルで楽を求めるようになっているうちに、学校の卒業式や入学式のような場でも、そこまで「キチンとしましょう感」を求められなくなってきて、ツイードでもOKに。
  4. ↓ ↓ ↓

  5. 使い回しができる
    しかもツイードなら、公式な場でだけでなく普段使いにもいける。
    例えば、

    • ジーンズと合わせてもコーディネートしやすい。
    • タートルネックのインナーと合わせられる。
    • ツイード生地の微妙なデザイン違いで、個性が出る。

    などなど。

――と、こんなところです。


それにしてもツイードが公式の場で使われる時代になったのであれば、そのうちデニムのスーツも公式の場でOKな日が来たりして?
ファッションっておもしろいですよね。

次回は「ドラマのパーソナルデザイン編」をはさみながら、(早くしないと、ドラマ、終わっちゃいますから……)パーソナルデザインごとのツイードについても紹介したい、と思います。

それではまた――

今冬ドラマのパーソナルデザイン考――「DOCTORS 3 最強の名医」

福岡出張から帰ってまいりました。
足の方は全快しまして、イメージコンサルティングをはじめ、
買い物同行もバリバリとこなしてきましたよ。

ご心配くださいました皆さま、ありがとうございました。
元々、痛みもない程度のもので、湿布を貼るくらいで
普通に生活していたくらいだったんですが、
大事をとって休んでいただけだったんです。

有名人のパーソナルデザイン大放出、第三回は――
「DOCTORS 3 最強の名医」からです。


今期、のき並み視聴率の低いドラマ界の中で「DOCTORS 3」は、
けっこうがんばっているようですね。

このドラマの最大の特徴は、主役を越える存在感を放つ
高嶋政伸さん演じる森山医師でしょう。

ということで、主役の沢村さんはまたの機会においておいて――

 ・高嶋政伸さん:「ファッショナブル」タイプ

極端な変顔や大げさなセリフ回し、など、どれをとっても
「ファッショナブル」タイプならではのスケールを感じます。

これまでのイケメン側に立った役柄より、はるかに好感度も
演技力も高いのではないでしょうか。

福岡出張の様子なども、またご紹介しますね。
それではまた――。

今冬ドラマのパーソナルデザイン考――「〇〇妻」

有名人のパーソナルデザイン大放出、第二回は――
「〇〇妻」からです。


なんとも意味深というか、あやしげな題名。
ヒロインは結局のところ、悲しい過去がありながらも
幸せになりたくて契約妻という形に……という話。

 ・東山紀之さん:上品な「ロマンス」タイプ

オシャレに着こなすととってもステキな感じになりますが、
だらしない格好では本当にだらしなく見えてしまいます。
シンプルなカジュアルさが苦手なのは「ロマンス」の特徴です。

 ・柴咲コウさん:「ファッショナブル」タイプ

小柄ながらキリッとしたお顔立ちで、あの眼力が意志の強さを
感じさせます(上の写真もそうでしょ?)。
それだけに過去にしてこられた役で、かわいい話し方のものや
コミカルな役では、イマイチ存在感を出せていませんでしたね。

なお、「ファッショナブル」の人はかわいくない、と言っているわけではありません。

ここ、よくカン違いされる部分なんですが、「ファッショナブル」さんも、ちゃんと似合うファッションで、愛嬌ある笑顔でいれば、かわいらしく見えるんです。

「ファッショナブル」さんが仏頂面(ぶっちょうづら)でいると、他のタイプより少し怖い感じになる、というだけなんです。

さて「〇〇妻」の話に戻して――

今回の、

強い意志は感じるものの、考えていることがわからない
柴咲さん(妻)に、これまた右往左往(うおうさおう)
させられている東山さん(夫)と言う関係

の役どころは、パーソナルデザインに合っている、
と言えるかもしれませんね。

芯の強さや高い能力を見せながらも、悲しい過去にジッと
耐えている柴咲さん(妻)には幸せになって欲しい~、
と感じさせて、ある意味、上手な配役です。

なんだか、ノッてきました。
他のドラマでのパーソナルデザインも紹介しましょうか。
それではまた――。

今冬ドラマのパーソナルデザイン考――「残念な夫」

ここだけの話、お正月早々、足の小指をちっちゃな骨折をしました。
そのせいで、ここ一ヶ月以上、お仕事をセーブしていましたので、
各種のドラマをチェックする時間がありました。

まあ、私の話はどうでもいいんで、この冬ドラマに出演中の
俳優さんのパーソナルデザインのお話をしようか、と思います。

まずは、フジテレビで放映している「残念な夫」

残念な夫「玉木宏」「倉科カナ」


先日、小さなお子さんが二人いる友人が、
「夫から『残念な夫』録画しといて~」と言われたと聞きました。

普段はまったくドラマを見ないご主人ですが、友人から
「お前も見た方がいいよ~」と言われたとのこと。
子育て中の男性の間でも少しは話題になっているのでしょうか?

さて、そのドラマでの配役のパーソナルデザインは――

  • 夫役の玉木宏さん:「ロマンス」タイプ
  • 妻役の倉科カナさん:「キュート」タイプ

です。

玉木さんも倉科さんもことさら説明は不要なほど、
パーソナルデザインはわかりやすいと思います。

ドラマの夫婦像から、結婚前の恋愛時代を想像しても、
それはそれは甘く楽しげな雰囲気だったのでは、と
思えてきます。

それが家庭に入ると、

  • すっかり頼りない夫
    →(「ロマンス」の甘い優しさが悪くでた感じ)
  • パニックを起こす場面の多い妻
    →(「キュート」の軽快さが悪くでた感じ)

という展開。
このドラマにはピッタリの配役ですね。

さて、次回以降は、視聴率の高いドラマからも紹介します。
それではまた――。

「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集2」こぼれ話

パーソナルカラーとパーソナルデザインの おもしろ雑学集2先日、新刊の
「パーソナルカラーとパーソナルデザインの
おもしろ雑学集2」
が発売されましたが、
たくさんのご注文をいただいております。

ありがとうございます。

今回は、そのちょっとしたこぼれ話をします。

【関連記事】「パーソナルカラーとパーソナルデザインの おもしろ雑学集2 販売開始」


目の写真

「Ⅲ パーソナルメーク編」のなかに
「日本人に目の色が黒い人はほとんどいない」
というテーマがあります。

本を読んでいない人のなかには「何を言ってるの?」
と思う人もいるかもしれませんが、これは事実です。

「自分の目は黒い」と思っているあなた。
あなたの目、黒くはないんですよ。
あなたの目は茶色、ブラウンなんです!

(まあ、茶目でない人もいますけど、黒目はいません)

気になるかたは電子書籍をお読みください。
と宣伝したいだけで、こんな話をしているわけではありません。

読者さんのひとりが、このテーマの部分を読んで、
海外でのある体験をメールしてくださったのです。

昔、彼氏さんが海外にて、お土産に彼女のための化粧品を買おうとしたときの話。

外国人の店員さんから「彼女の目の色は?」とたずねられ、彼氏さん、彼女は黒目だから、と「ブラックアイ」と答えたところ、店員さんが大きくのけぞったそうです。

店員さんが何にびっくりしたか、というと、海外では「ブラックアイ」とは「なぐられたみたいな目」を意味します。
(目の周りが溢血してる医学用語でもあるんでけどね)

要するに、彼氏さん、「彼女を殴り飛ばしてやったぜ!」と自慢してるみたいになってしまったわけです……(苦笑)

色についての考え方も、ところ変わればいろいろ変わる、
ということですね。

それではまた――。
新刊もよろしく~。

新刊販売記念、期間限定・割引キャンペーン終了のお知らせ

新刊
「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集2」
の販売を記念した期間限定・割引キャンペーンですが、
昨日(8日)付けで終了です。

たくさんのご注文をいただき、ありがとうございました。
本当にたくさんのご注文で、ちょっとアタフタでした……。

キャンペーンは終了ですが、電子書籍の販売も終わったわけでは
ありませんので、引き続き、ご注文をお待ちしております。

さらなる新刊も企画中ですよ。
それではまた――。


【詳細ページへのリンク】