電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」 発売開始!

これまで「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集」の1巻と2巻を発売してきました。

香咲がコンサルティング中に話す膨大な内容からも、たくさん本書に含まれていますので、受診者さんの復習にも使えると好評です。

そして、ここにきてようやく、第3巻の執筆を開始しました!

――で、その前に、前2冊を1冊にまとめて合本として販売することになりました。

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】

膨大なイメコンの雑学を一冊にまとめた決定版

パーソナルカラーとパーソナルデザインにまつわる、大小さまざまな雑学を、ササッと読める形でたくさんご紹介してきた「おもしろ雑学集」の1巻(2014年版)と2巻(2015年版)を1冊にまとめたものです。

古くなった内容などを書き換えたり、文章をより読みやすく大幅にブラッシュアップした、大ボリューム版でお届けします。

お値段も前2巻はあわせて 1500円でしたが、今作は実質値下げして 1000円となり、より、お求めやすい価格になりました。

くわしくは下のリンクから、ごらんください。

■ 著者:香咲ハルミ/ベストカラーコム

■ 価格:1000円(税込)

■ 送付形式:PDFファイル(PC・スマートフォン・タブレットPC等でも読める形式です)


■ 詳細ページへのリンク

新刊「続・外れるパーソナルデザイン」――こぼれ話「高橋一生」さん

続・外れるパーソナルデザイン新刊「続・外れるパーソナルデザイン」も大好評です。
本当にパーソナルデザインの需要が増えているんだなあ、としみじみと実感しますね。

――と、前置きはさておき、今回はそんな新刊のこぼれ話を兼ねて、「外れるパーソナルデザイン」診断をされそうな有名人をご紹介します。

俳優・高橋一生さんのパーソナルデザイン

最近、お客さまからの「この人のパーソナルデザインは?」という質問が特に多いのが、俳優・高橋一生さんです。
高橋一生さん
多数のドラマに出演され、イケメンで、線が細く、一見甘さも感じる――

ということで、「ロマンス」ですよね? というご意見がとても多いです。

でも、実は――

■ 高橋一生さん
 ・パーソナルデザイン:「グレース」

――ということになります。

そもそも高橋さんの魅力は、

  • 知的な雰囲気
  • 静かな語り口
  • 冷静な悪役が似合う
  • スッキリとした容姿

にあります。
まさに「グレース」タイプの特徴ですね。

さらに「ロマンス」ではないところも挙げていくなら、

  • 基本的にはそれほど甘くない
  • ドラマなどでも女性との絡みがなくても良い感じがする
  • 髪が長くなると子供っぽくなる
  • 胸元を少し開けると、だらしない雰囲気になる

と、まあ、証拠もいろいろ出てまいりますね。

「男の色気」は「ロマンス」だけのものじゃない!

では、どうして「ロマンス」じゃないのか、と思う人が多いのでしょう?

実は、その答えは「続・外れるパーソナルデザイン」のなかに、「好きなタイプの異性は、ロマンスに見える?」という節がありまして、そこでくわしく解説しているんです。

好きな男性相手には「男の色気」を感じるものなんですね。
そして、色気と言えば「ロマンス」!――となってしまうわけです。

「グレース」タイプであっても、高橋さんのように「男の色気」を感じる例はいくらもである、ということですね。

ちょうど、新刊では高橋さんと同じ「グレース」タイプの色気についても語っていますので、よろしければそちらもご参考ください。

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

「続・外れるパーソナルデザイン」ご感想紹介

続・外れるパーソナルデザイン皆さま、こんにちは。

ということで、「続・外れるパーソナルデザイン」が発売されました。
(くわしくは本記事の一番下のリンクから、どうぞ)

早くもご感想をいただいています。
そのなかから、受診者さんとコンサルタントからの感想を一つずつご紹介したいと思います。

受診者さんからの感想


さっそくのご返信と電子書籍、ありがとうございました。
「続・外れる…」、
あー。とか、うー。とか自戒したり納得したりしながら拝読しました。
奥が深くて
まだまだ当分プロのお世話にならなくては…

香咲先生の文章、いつも分析的で冷静で、心から信頼しています。
それでいて同時にワクワクする感じがあって…
先生とご縁をいただけたこと、ほんとうに幸運に思います。

S・Wイメージコンサルタントからの感想


「続・外れるパーソナルデザイン」、届きました。ありがとうございます。

1作目(編注:前作「外れるパーソナルデザイン)も届いた日に一気に読み終わってしまうくらい面白かったですが、2作目もあっという間に読み終わりました。読み物としても本当に面白いです。

(中略)

コンサルタントが簡単に答えにとびつく事がどれくらい危険か、今回も勉強になりました。
「外れたアドバイス」を私もしているかもと思って以前の自分を思い出しながら、背筋が冷える気持ちがしました。

パーソナルデザインは本当に単純ではないですね。
先生方はいつも、先入観を捨てなさいとおっしゃっています。
本で読み込むと先生が何度も繰り返しおっしゃる意味が本当によくわかります。

先生のようなコンサルタントに近づけるように、私も先入観を持たない診断をしたいと思います。

今後も宜しくお願いします。

他にもたくさんのご感想をいただいていますが、またの機会にご紹介できれば、と思います。

「続・外れるパーソナルデザイン」こぼれ話も近いうちに、お届けしたいですね。

それではまた――

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」販売開始

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」の販売を開始しました。

続・外れるパーソナルデザイン

「パーソナルデザインの間違い集」――の続きです。

お待たせしました。大好評を博している弊社電子書籍「外れるパーソナルデザイン」の続編をようやくお届けできる運びとなりました。

今作では「どうすると診断を間違うのか」に加えて、

「変なアドバイスをしてしまう例」「男性の誤診例」

を特集しています。

前作同様、ベストカラーコムのイメージコンサルタント養成講座の卒業生向けを意識して書かれていますので、内容は少し「攻め」の傾向です。

その点だけ、ご理解の上、お読みくださいね。
(もちろん、コンサルタントでなくても楽しく読める内容になっています)

■ 著者:香咲ハルミ/ベストカラーコム

■ 価格:750円(税込)

■ 送付形式:PDFファイル(PC・スマートフォン・タブレットPC等でも読める形式です)


■ 詳細ページへのリンク

新刊「外れるパーソナルデザイン」――こぼれ話「羽生結弦さん」

外れるパーソナルデザイン
昨年末頃に販売を開始しましたベストカラーコムの電子書籍新刊「外れるパーソナルデザイン」は、なんだかすごい好評です (^ ^)

パーソナルデザインについて、くどくど説明はしていないんですが、

「どうやったらパーソナルデザイン診断を外してしまいやすいか」

を知ることで、逆に

「パーソナルデザインって、どんなものかをより理解できた」

という声もいただいています。

パーソナルデザインを誤診されやすい有名人の例――羽生結弦さん

さて、そんな新刊ですが、さまざまな「パーソナルデザインを誤診されやすい有名人」を例に出させていただいています。

そのなかでも、反響が多いのが、
フィギュアスケート選手の羽生結弦さん
について、です。

羽生さんは、もはや押しも押されもしないフィギュアのチャンピオンですが、かといって態度が大きいわけでもなく、とても落ち着いています。話し方も理路整然としていますね。

ということは「グレース」タイプ?
いいえ、ちがうんですね、これが。

また、羽生さんの見た目は細身で、それほど大きな体には見えませんね。
(まあ、フィギュアスケート選手ですから、当たり前なんでしょうが)
羽生さんはまだお若いですし、彼よりも年上の人からはかわいらしい雰囲気にも見えることでしょう。

だったら、「ハイスタイル」タイプ?
いいえ、これもちがうんです。

すでに、「外れるパーソナルデザイン」を読まれたかたはニヤリとされているかもしれませんが、実は、羽生さんは「グレース」や「ハイスタイル」などにまちがわれやすい部分を持った人なんです。

(まちがわれやすい、という点では、過去記事で触れた、同じフィギュアスケート選手の浅田真央さんもそうでしたね)

こういうことをたくさん解き明かしているのが、「外れるパーソナルデザイン」なんです。
引き続き販売していますので、どうぞよろしくお願いします。

ところで、羽生さんのパーソナルデザインは何かって?
「ロマンス」タイプです。くわしくは書籍をごらんください。

それではまた――。

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」販売開始

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」の販売を開始しました。

外れるパーソナルデザイン

「パーソナルデザインの間違い集」です。

本書は、パーソナルデザイン診断という言葉を作ったベストカラーコムが主催するイメージコンサルタント養成講座の卒業生向けに書かれました。

「どうやってパーソナルデザインを診断するのか」ではなく「どうすると診断を間違うのか」という誤診例や、その誤診する理由などを多く載せて、参考にしてもらおうという、他に例のない内容です。

もちろん、コンサルタント以外の人にも、とても参考になる本です。

これまで出版された「雑学集」などの延長のような内容でもありますので、楽しんでお読みいただけると思います。

ただし、弊社講座卒業生のプロ向けに書かれた、という以上、本書の内容は「雑学本」などと比べると、少し「攻めた」内容ですので、その点だけ、ご理解の上、お読みくださいね。

■ 著者:香咲ハルミ/ベストカラーコム

■ 価格:750円(税込)

■ 送付形式:PDFファイル(PC・スマートフォン・タブレットPC等でも読める形式です)


■ 詳細ページへのリンク