Category Archive:コンサルティング報告(ビフォー/アフター 等)

受診者さんの感想メール紹介――「ようやく今の年齢なりの服選びが始められそう」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のK・Yさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ファッショナブル・ロマンス」

・K・Yさんの感想メール


先日はありがとうございました。

35歳頃から化粧品も服も何もかも似合わなくなって来たと感じて悩みだし、パーソナルカラー(秋と誤診)、骨格診断(ストレート)、顔タイプ診断(エレガント)と受診したものの、答えを得られない日々でした。

パーソナルカラー秋という誤診の結果と、他人からは「落ちついてる」「しっかりしてそう」と良く言われていたので、パーソナルデザインがグレースなのではないか?(もしくはグレース・ロマンス)と予測していたので、ユナイテッドアローズやPLSTなどの無難なコンサバ服や、周囲からの好感度目当てにここ5年くらい流行の抜け感カジュアルを着ては「なんか地味…女らしさが消えた…でも若いころのような服は着れないし…」と悩む日々でした。

今回正しいパーソナルカラーとパーソナルデザインを知ることで、ようやく今の年齢なりの女性らしい服選びが始められそうな気がしました。

まずは口紅から冬仕様にすべく、診断帰りのその足でデパートに向かいました。今まで手を出す事の無かった、「こんな色はヴィジュアル系バンドマンしか使わないのではないか?」というような色がとても自然に似合いました。

ありがとうございました。

K・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

よそさまの同業者をあまりどうこうと言うつもりはありませんが、K・Yさんはご自分でも誤診された「秋」では、「地味になってしまう」と実感されていたようですね。

ご友人がたの言う「落ちついてる」「しっかりしてそう」が、どうやってひねり出されてきた褒め言葉なのか・・・なんとなくその苦労も忍ばれます(苦笑)

K・Yさんは「ファッショナブル・ロマンス」ですから、「ファッショナブル」として存在感もあるタイプで「しっかりしてそう」にも見えますし、「ロマンス」の上品さから「落ちついてる」ようにも見えるのも確かです。

しかし、「冬」「ファッショナブル・ロマンス」のK・Yさんの最高のイメージをあえて一言で表すなら、「華やか」という言葉につきるでしょう。

これから、まさに大きなイメージチェンジに挑戦していかれるわけです。

大きな変化を前にして自分ひとりだけでは疲れるでしょうから、いつでもご相談に乗りますので頼ってくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「これからは自信を持って自分の女性らしさを活かすファッションを」(30代・女性)

もはや定番となりましたが、今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Nさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「フェミニン・ロマンス」

・A・Nさんの感想メール


香咲様
写真と資料ありがとうございました!

早速、ドラッグストアで買える春メイクの化粧品でメイクしてみたところ、「発光してる!?」というくらいイキイキした表情になった気がします。

今までは夏メイク(編注:以前、別所で「夏」と誤診されていました)で色白&透明感出せてると思ってましたが、たぶん周りから見ると幸薄い感じになっていたのではないかと思います。夏メイクの化粧品は勿体ないので、気配を消したい時用に取っておこうと思います。

早速ですが、質問です。
「春・フェミニン・ロマンス」の組合わせの場合、参考にできる芸能人はいるでしょうか?
パーソナルデザイン診断前の講義では、それぞれ個別のデザインの芸能人を教えて頂いたのですが、組合わさった時のイメージが掴めなくて。教えて頂けると嬉しいです。

それにしても春・フェミニン・ロマンスって、春の女神って感じの字面ですね。
実は仕事が理系エンジニアで、普段は男性の中で働いている私には少しくすぐったいくらいの「THE・女性」といった診断結果でしたが、これからも自信を持って、女性らしい格好をしたいと思います!!
(普段から割りと女性らしい服装ではありましたが、見た目くらいは女性らしくしないと。。。という後ろ向きな気持ちで服を選んでました。)

これからも色々質問させていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

A・Nさん、ご感想、ありがとうございました。

「春」「フェミニン・ロマンス」となれば、「明るい色に包まれた、ふわふわとして品の良い女性らしさ」が活かせるタイプ。
まさに、A・Nさんの「春の女神」という表現にも合っていますよね。

もちろん、「女性らしさ」と言っても、その種類はさまざまです。
自分に合ったファッションとメイクで、大人の女の魅力を活かすことができるのは、どのタイプでも変わりませんので、他のタイプのかたでもご安心ください。

さて、A・Nさんのご感想のなかで、「芸能人を参考にしたい」というご相談がありました。

――が、実は有名人を参考にするのは、いくつかの理由で非常にハードルが高い話になってくるんです。

次回あたり、有名人に関する注意点、というかポイントを紹介できれば、と思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「他人からよく心配されることが多い理由がパーソナルデザインで判明」(20代・女性)

平成最後の記事更新ですが、今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します(たぶん、次回も・・・)。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Fさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「キュート」

・M・Fさんの感想メール


香咲様

先日はあいにくの天気の中、わざわざお越しいただきありがとうございました。
資料と写真も早速送っていただきありがとうございます。

パーソナルカラーについては、他の季節の色をじっくり当てていただいたのと、見るべきポイントを丁寧に教えていただけたので、似合う色とそうでない色の変化の違いをより一層感じることができ、とても感動しました。

パーソナルカラー診断は以前受けていた(編注:当社以外からです)ので、どちらかと言えばデザインの方が気になって申し込みましたが、2回目でも同じ結果でもこんなにじっくり見ていただけて本当に良かったです。

元々好きな色が夏のグループに多いので、これからもどんどん身につけていきたいと思います。

パーソナルデザインについては、思い当たることがとても多かったです。
特に「1人で帰れる?」「大丈夫?代わりにやるよ」は今まで何回言われたか分かりません。

自分が一番年下という状況の時や、会社では男性が多いから、そして自分が頼りないから言われるのだと悩んでいましたが、今回の診断でその悩みも晴れました。ありがとうございます。

そしてガーリッシュは割と予想通りだったのですが、ボーイッシュは少し意外でした。

ガーリッシュも好きですが、いつもスカートだと飽きるなぁと思っていたところだったのでどんどん挑戦してみようと思います。

ありがとうございました。

M・Fさん、ご感想、ありがとうございました。

M・Fさんは以前、別のコンサルタントからパーソナルカラー診断を受けていらっしゃいました。幸いなことに以前の診断も問題なかったようです。

さて、パーソナルデザインについてですが、「キュート」タイプのなかには「よく、他人から軽くあつかわれる」と感じる人が多いようです。

もちろん、「キュート」でもしっかり者のイメージを持ってもらえるようになることは難しくありません。

下に「キュート」が軽いあつかいを受けないようするための内容をお届けした過去記事のリンクを掲載しておきますので、よろしければ参考にどうぞ。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「己の良さに気づいて活かしていきたい気持ちに」(20代・女性)

今回は・・・はい。コンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のY・Mさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「キュート」

・Y・Mさんの感想メール


本日は本当にありがとうございました!
先程まで一緒に受診した友人とイメージコンサルタントについて語り合っておりました。

自分自身はパーソナルカラーもデザインも予想の範囲内だったのですが、どちらも意外な結果となった友人の垢抜け方が素晴らしく、何だか羨ましくなってしまいました。

ですが私から見た友人のように、私も似合うデザインや色を身につけた時は良く見えているのかな?と考えると少し嬉しくなりました。

顔や身体付きは大人っぽいのかな?と思っていたのですが、キュートの説明を聞くと身に覚えがありすぎて驚きました。

遊園地で溶けたジェラートがボタボタ零れて困っていたらそこら辺の男性がティッシュを持ってきてくれたり、受験当日に道に迷って困っていたら、道端の男の人が荷物を持ってくれて一緒に受験会場まで走ってくれたり、案外自分が色々な人に手助けされて生きてきたような気がしてきました。

「自分の窮地を救ってくれた人リスト」の方々を思い返して感謝の気持ちでいっぱいになれたのも、コンサルティングを受けて良かったと思える事の一つだと思います。

「真に美しい人は『可愛い』とは言われない」と思っていて、運動も出来なそう、のろそう、化粧の工程が多い、ある程度着飾らないと垢抜けない点等、ずっと自分の事が気に入っていなかったのですが、少しずつ前向きに受け入れていけたらと考えています。

コンプレックスは沢山ありますし、丸っきり新しい自分に出会いたかったと思う気持ちもまだあります。けれど己の良さに気づいて活かす方向にこれから頑張っていきたいと思わせてくれるレッスンでした。

本日は丁寧な対応本当にありがとうございました。

Y・Mさん、ご感想、ありがとうございました。

Y・Mさんもコンプレックスがたくさんあるとのことですが、私だってありますし、誰だってそうでしょう。

でも、自分でウィークポイントだと思っていた部分が、パーソナルカラーとパーソナルデザインによって、アピールポイントに大変化することもあるんですよ。

自分の「大きな口」が苦手と言っていた人が、似合う服とメークで「魅力的な口元」に変化してしまった、なんていう受診者さんもいらっしゃいます。

コンプレックスも自分の個性の一部なのかもしれませんね。

もちろん、私が言いたいのは、「コンプレックスがあっても、諦めて受け入れよう」とかいうものではなく、逆に「自分の個性を活かしてレベルアップしてしまいましょう」と言いたいわけです。

Y・Mさんもご感想文のなかで、「己の良さに気づいて活かす方向」に進もうとしていらっしゃいますね。

きっとイメージコンサルティングがその助けになる、と私は信じています。

いつもいつも言うことですが、わからないところが出てきたら、いつでもご相談を受けますので、ご安心くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「『幸せ・・・』と無意識に口から出た瞬間」(30代・女性)

もう最近はこれしかやってませんが、今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のN・Kさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「秋」
  • パーソナルデザイン:「ロマンス・ナチュラル」

・N・Kさんの感想メール


香咲ハルミ先生

どうしても先生にお礼が言いたくて、今メールを打っております。

昨日のティータイムでもお話しましたが、私は、過去に色んなコンサルを受けました。

結果がどうこうよりも、コンサルの内容にショックを受けた事もあり、一時はもうパーソナルカラーもデザインも、いいやと思った時期もありました。

ところが昨日、先生の所で診断をして頂き、私、本当に楽しかったんです。
?が全て!に変わり、凄い!楽しい!の連続でした。

そして、新幹線の時間もあり私だけお先に失礼しましたが、マンションのエントランスを出た瞬間

「はぁ、幸せ。。。」

と、無意識に口から出ました笑。
本当にそれくらい楽しかったんだと思います。

アフターフォローも充実していて、嬉しいです。
今後ともよろしくお願い致します。

N・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

N・Kさんが以前受けた他の診断で、迷うどころか、諦めの境地にまでなりかけていたというのは、本当に心が痛みます。

この業界、まだまだ力のあるコンサルタントは少ないのかもしれません。
私ももっと気合いを入れてお仕事しないといけない、と強く感じました。

でも、N・Kさんが幸せを感じられるコンサルティングができて、嬉しく思っています。

診断をしたコンサルタントとしては、もっともっと幸せになってほしいですね。
これからもわからないところが出てきたら、いつでもご相談を受けますので、ご安心くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「買い物同行での細やかな説明で深く理解」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のF・Kさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「キュート」

・F・Kさんの感想メール


私が初めてコンサルティングを受けたのが27歳の時でした。
結果は1st春2nd夏という診断で、アナリストさんからはドレープを当てる前から分かっていたということを言われました。それでは長い時間をかけて全シーズンのドレープを当てる意味はあまりないのかな、と思ったものです。

そして今回、香咲先生がパーソナルカラーの診断前に仰ったこと、それは真逆の言葉で、いきなり衝撃を受けました。

前回診断されたシーズンが何だったかは聞かないし、何の参考にもしない。結果はドレープが決める。

時間をかけて次々にドレープを当てるのは、受診者に変化を見せて納得させる為だけでなく、診断する方もその変化を見て正しい結果を導くための時間なんだなあと、すとんと腑に落ちました。

この先生ならちゃんと診てくれる、結果が変わったとしても納得できるからお任せしよう、と思えたのです。結果、本当に変わってしまったのですが…笑

ということで、前回と全く異なる結果に多少ショックは受けましたが、私自身とても満足しております。紫、黒、グレーとは無縁でしたが、これから向き合っていきたいと思います。

デザインについては、上手く自分の中に落とし込むことができていなかったのですが、お買い物同行で自分のものにできた気がします。

あんなに試着を繰り返したのは人生で初めてでした!笑

キュートアバンギャルドはこう、ガーリッシュやボーイッシュはこう、という基本的な部分はコンサルティングで学びましたが、じゃあ私に似合うものは?という疑問に対して、お買い物同行はよりパーソナルに掘り下げていただき、理解が深まりました。

先生が次から次へと見つけてくるものが、本当にどれも似合うのですから驚きです。自分では絶対に手に取らないテイスト、カラー、柄…着てもいいんだ!と新鮮でした。

春物を沢山買ってきたので、これから季節が変わるたびにクローゼットが似合うものばかりになっていくのが楽しみです。

また迷うことがあればぜひご相談させてください!
この度はありがとうございました。

F・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

F・Kさんは、診断当日の説明だけでは理解しきれない部分もあったのが、後日のお買い物同行ですべて疑問が溶けた、とのことですね。

実際、診断はコンサルティングの最初の一歩に過ぎません。

病院でも診断のあとに治療が始まるように、イメージコンサルティングも診断のあとから、本当の理解と自分のファッションをひとつひとつ変えていく時間が始まるわけです。

そういうわけで、最初の診断は終わりましたが、F・Kさんにとってのコンサルティングがこれからも続きます。
コンサルタントである私はそのように考えています。

いつでも遠慮なくご相談くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「うまくオシャレできないのは自分にセンスがないからと思っていた誤解が晴れて」(19才・女性)

今回もまた、コンサルティングの感想メールをご紹介。
10代のお若い受診者さんです。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Yさん(19才・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル・ロマンス」

・M・Yさんの感想メール


先日はありがとうございました。

以前にパーソナルカラー診断を受けた時はオータムと診断されましたが、最初のお話で先生はパーソナルカラーは変わる可能性が高いと仰っていました。あの時はまさか自分がそうだとは思っていなくて、診断を受けた時の衝撃は忘れられません。

(編注:M・Yさんは当社とは別のコンサルタントから「秋」診断をされていましたが、「秋」色ではあきらかに顔色が悪くなっていました)

最初はウィンターの色を付けるのを渋っていました。付けてみると見慣れていないせいか違和感は感じましたが、自分の目が輝いたのがはっきりと分かりました。

さらに、オータムの色を付けていた時に気になっていたニキビなどの肌トラブルもほとんど目立たなくなり、自分のパーソナルカラーがウィンターだと納得できました。

パーソナルデザインについては、似合う服の系統を教えて頂くだけでなく、自分を客観視できるとても良い経験にもなりました。

年上に見られる、人に頼られやすいなどと言い当てられて、今までどこかから見られていたのでは…と思ってしまう程でした。また、ナチュラルであるのにジーンズがあまり得意ではなかったのはロマンスの要素が加わっていたからだと分かりました。

最初には言えなかったのですが、コンサルティングを受けようと考えたのは、服を選ぶ度に何を着ても違和感を感じて結局なにも買えなかったり、似合わないのは自分が悪いのかと落ちこんでいて、そのような自分を変えたいと考えたからです。先生や他の受診者様に沢山褒めて頂いて、自分もこんなに変われるのだと感動しました。これから服選びを楽しめるようになりたいです。

まだまだ分からない事が沢山あるので、その時はよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

M・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

私も「自分だって誤診するかもしれないという危機感を忘れずに、慎重に診断を!」といつも自分に言い聞かせていますが・・・あいかわらず誤診が多いこの業界・・・。

イメージコンサルタント養成講座を開いたのも、こういう状況を変えたいという思いがあるからですが、まだまだ力足らずで忸怩(じくじ)たるものがあります。

それだけにM・Yさんのように迷いが晴れたとおっしゃっていただける感想メールは、イメージコンサルティングの底力を再確認させられて、本当にうれしいですね。

「まだまだ分からない事が沢山ある」とおっしゃっていますが、いつでもご相談に乗りますからね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「マイナス思考な私が、もっと自分の『魅力』を出したいというポジティブな気持ちに」(20代・女性)

もはや、これしかやってない感じになってきていますが、今回もコンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のK・Tさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「ロマンス・フェミニン」

・K・Tさんの感想メール


昨日はありがとうございました。
お部屋に入るまで緊張していましたが、先生がテキパキしてるのにとっても頼りやすく、すぐに馴染めました。あとからパーソナルデザインの解説を聞いて納得もしました(笑)

私はネットで見てもパーソナルデザインをイマイチ掴みきれない感じでした。しかし今回、先生のお召し物の変化の説明や、「こういう風に見える人いるでしょ?」という実例を挙げた説明を聞き、実感することで納得できました。

一緒に受診したお二人のパーソナルデザインも、見た目や印象でスッと納得できてしまいました。

でも、どうして似合うのか、直線曲線の判断など、チラッと出るワードが気になり、理論的なところにもとても興味が湧いたので、養成講座を受けるまでハマってしまった方のお気持ちも分かりました。

今まで装飾の無いお洋服を選びがちでしたが、私のパーソナルデザインは普段着が似合わないのですね。ゴミ出し姿がおばさん感満載のパーソナルデザインなのか‥!とびっくりで、むしろ着飾る伸びしろがそんなにあるのか!と衝撃でした。

着膨れ防止で体にフィットした方がいいなとは思ってましたが、そのラインが魅力に繋がると。

診断時先生に伝わってるとは思いますが、私は割とマイナス思考でマシに見えたいな‥という回路が働きやすい自覚があります。しかし、診断でもたくさん飛び交ったように、「魅力」という言葉を使って楽しく生きたいと思いました!

チャレンジ精神でロマンスフェミニンのお洋服を探す旅に出たいと思います(笑)気にし過ぎず、でもここぞという時には自らで魅力を生かせる力を蓄えたいと思います。

結果、パーソナルカラー・パーソナルデザイン診断は背中を押していただけるような感覚でした。受けてよかったです。

先生にたくさん相談の写真を送っていいとのことで(笑)これからもよろしくお願い致します。

K・Tさん、ご感想、ありがとうございました。

簡単に言うと、イメージコンサルティングは、受診者に似合うファッションをお教えするものです。

でも、その意味は「他人から見て似合うもの」ですので、人から変に見られることがなくなる、ということでもあります。

つまり、自信を持って、どんな人にでも会える自分を作る力を得る。
これがイメージコンサルティングの神髄です。

K・Tさんはご自分でマイナス思考とおっしゃっていますが、自分のパーソナルカラー・パーソナルデザインを知ったことで、きっとポジティブに魅力を活かしていけることでしょう。

もちろん、ひとりでやる必要はありませんよ。
いつでもご相談くださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「似合う色で自分の顔色に今までなかった透明感を感じて」(20代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールご紹介です。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Yさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル、フェミニン」

・M・Yさんの感想メール


本日は本当にありがとうございました、心からこちらで診断を受けてよかったと思います。

今まで顔の赤みと頬や鼻の毛穴が目立つことがとても気になっていたのですが、春の色をつけると本当にそれらが目立たなくなり、これがパーソナルカラーの力……と震えるほどでした。

自分に合っていない夏や冬の色をつけていたから、あんなに赤みが悪目立ちしていたんだな……と振り返って思っています。

思い返せば春色のチークをつけた時にいつもより毛穴目立たないかも?と思った経験がありました。しかしやはり自分は夏なはずという思い込みがあったためそこから抜け出すことができませんでした、客観視できない、主観が入るというのは本当だったとしみじみ感じております。

また、パーソナルデザインについてですが、こちらも思い返すと思い当たる節が沢山あり、バイト帰りの夜道で自転車に乗りながら何度も感嘆のため息をついてしまいました。

真顔だと機嫌が悪そう、でも怒っても怖がられない、運動神経は割と良さそうに見られる……などなど他にも沢山あります。

背が実際より低く見られるのでキュート?と思っていましたが、それがフェミニン要因だったとわかり、それに関しても納得がいきました。

今日も昨日先生にOKをいただいたアイシャドウやリップをつけて、持っていたクリーム色のセーターを着ているのですが、なんだか光に透けるような、今まで感じたことがない透明感が出たように感じています。

パーソナルデザインに関してはナチュラル、フェミニンは未知の領域でしたのでこれから沢山質問させていただくかと思いますがどうぞよろしくお願いします。

本当に香咲先生のところで診断を受けることができてよかったと思います、ありがとうございました。

M・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

似合う色を使って「光に透けるような、今まで感じたことがない透明感」をお感じになった、ということで、まさに似合う色の魔力をさっそく実感されているようですね。

M・Yさんのパーソナルデザインである「ナチュラル」タイプの持つイメージであるさわやかさも、その「透明感」にさらに力を貸してくれていると思いますよ。

パーソナルカラーとパーソナルデザインがガッチリ合わさると、さらに相乗効果を起こしてくれます。

いつでもアドバイスしますから、一緒に使いこなしていきましょうね!

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「診断結果は意外、でも思い出すと過去に裏付けるような経験が」(40代・女性)

今回もまたまたコンサルティングの感想メールご紹介です。

これで何回連続紹介させていただいているんでしょうね。熱のこもった感想をいただけるのはコンサルタント冥利(みょうり)につきます(^ ^)

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のS・Kさん(40代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース・ナチュラル」

・S・Kさんの感想メール


コンサルティング、お買い物同行、本当にありがとうございました。

本日、早速コート、グリーンの入ったストール、最初のお店で見たチェックのパンツを身に着けて出勤しました。とてもおしゃれな同僚から「あか抜けて見える」と言ってもらえました!

昨日お話した手持ちのグリーンのカットソーと、ストールのグリーンがほぼ同じ色でしたので丁度良かったです。喉が乾燥するのでマスクをしている為、ファンデはごく薄く、口紅は塗らずにいましたが口紅無しでも、顔色がよく見えました。

「黒が似合わない」と言われた→冬ではないのかな?オレンジが苦手→春ではなさそうだ!ブルーベースの服は割と評判がよい→夏かな?でも肌に黄みがある→秋も当てはまりそう・・・と、悩んでいる所でした(ネットでの診断も夏か秋が多かったです)。

「冬」の診断は意外でしたが、今まで褒められた数少ない経験を思い返すといくつか納得できる点もありました。(大学時代、ファンデーションなし・口紅のみの状態で、シャドウやファンデーションを付けていると思われた経験があったのを思い出しました。その時の口紅は、黄みがない深紅でした。冬に合う赤だったのですね)
メイクも自信を持って出来そうです。

パーソナルデザインについては、比較的普段買っている服に近いので抵抗なく受け入れられたと思いますがボーイフレンドジーンズやドロップショルダーのコートやトップスに違和感を覚える理由が分かってよかったです。

暖かい時期になったらスカートにも挑戦したくなりました。また折に触れ、メール等でご相談に乗って頂けると幸いです。

後日さらに頂いたメールから

なお、手持ちの服を見直し中ですが、「夏」「秋」のいずれかだと思っていた自分が、思いのほか「冬」に合う色を持っていたことに気づきました…
しかもグレースやナチュラルに多分合いそうなデザインで…

また、他の季節の色なのに買ったばかりで捨てられない服は、先日買ったストールなどを合わせることで、活用できる事に気づいてしまいました。

その為、断捨離候補の服がなかなか捨てられず、うれしい悲鳴?です。

今後、どうしても迷う場合は、是非ともメールでご相談させて下さいませ。

S・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

S・Kさんはネットなどの情報による自己診断で「冬」を除外されていたようですね。
でも、意外にもその「冬」が正解だったと。

「ネットなどの自己診断」や「見たこともない相手へのアドバイス」などは、あくまでお遊びの延長ですから、これはよくあることです (^ ^)

実際、S・Kさんも過去に「冬」を裏付ける経験をされていたことを思い出されましたように、薄々ご自分でも似合う色の傾向がわかっていた部分もあったのかもしれませんね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed