コンサルタントに見せるための写真の撮り方

ベストカラーコムには、受診者さんが自撮り写真を送ってきて、その時着ている(試着している)服について無料でアドバイスするサービスがあります。

今回は「コンサルタントに見せるための自撮り」のコツと注意点をお伝えします。

普通の自撮り感覚で撮るとアウト!

お店(や家)でお気に入りのアイテムを身につけて試着したら、自撮り写真を送ってコンサルタントにアドバイスを求めるわけですが、ここで注意したい点があります。

普通の自撮りはSNSなどにアップするためなどで、自分の顔を中心にキレイに見せるためのテクニックがありますね。

でも、コンサルタントに送る写真は、そんなテクニックを駆使(くし)した写真はアウト です。

ありのままのあなたの写真でないと、アドバイスがずれてしまう危険があるからです。

診断のときに、メークを落としてもらい、白いケープをかけて素のままにしてしまうのも、ありのままのあなたを診(み)るためで、上の話と同じ意味ですね。

ということで「アドバイスを求めるための自撮り」のポイントはこちら↓

コンサルタントに見せるための自撮り方法

①鏡に映った自分を撮る

自撮りするではなく、カメラ(スマホ)を鏡のなかの自分に向けて撮ってください。

他人を撮影するような感じですね。

②カメラ(スマホ)は脇あたりに構える

カメラを顔の高さに構えた写真では、あなたの顔が見えなくなりますし、足も短く写ってしまいます。

また、胸の前にカメラがあると、肝心の服がカメラとご自分の腕に隠れてしまいます。

③視線は鏡の中のカメラのレンズ(自分の姿にではなく)に向ける

鏡に写ったカメラのレンズを見て撮りましょう。

レンズから視線が外れていると、目の向きが変な方向に向いた写真になることがあります。

④最低限、口紅とチークは付ける

やはり、パーソナルカラーとパーソナルデザインに合ったメークで顔色をしっかりと出した状態で写真を撮ったほうが、似合うアイテムかどうかの判断もしやすくなります。

また、メールに添付してお送りいただく時には、あなたの氏名とパーソナルカラー・パーソナルデザインを書いてお送りくださいね。

なお、絶対にお願いしたいことが――

画像には必ず番号を書いて送ってください。

アドバイスする時にどの写真のことを話しているか、お互い混乱しないようにするためです。

ということで、「コンサルタントに見せるための写真の撮り方」でした。

お問い合わせ(無料)や診断依頼は→ こちらから

パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】電子書籍「パーソナルカラーとパーソナルデザインのおもしろ雑学集1&2【合本】」
好評発売中:詳細ページへのリンク↓