Monthly Archives:6月 2019

受診者さんの感想メール紹介――「他人の評価を気にしていた自分が自信を持って過ごせるように」(20代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のM・Kさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・M・Kさんの感想メール


先日はコンサルティングをしてくださり、ありがとうございました。また、早速資料を送ってくださってありがとうございます。

初めてお会いするまでは、どんなお人柄の先生なのかドキドキワクワクしていました。そして、扉を開けた瞬間、「この先生についていけばきっと素敵な自分になれる!」と謎の確信を感じました。

夏という診断結果になった時は心底驚きましたが、ドレープを当てた際の変化と自分を含めた皆さんの反応が全てを物語っていました。

診断の歴史に始まり、カラーやデザインのお話など、どれも興味深くて惹き込まれるように聞き入ってしまいました。特に、ドラマの配役にパーソナルデザインが関係しているというお話は、先生の仰ること全てが的を射ていて、身震いすら感じるほどでした。

また、時間を大幅にオーバーしてしまったのにも関わらず、私たちの些細な質問に真摯に応えて下さり、心から御礼申し上げます。先生の貴重なお時間を使ってしまい、申し訳ありませんでした。

「似合う自分になったら、他人からとやかく言われることはなくなる」という先生の言葉に感動しました。私自身、他人からの評価を気にしすぎて普段の生活が窮屈に感じることが多々あったので、今回のコンサルティングで、「客観的に見て1番輝ける自分」というものを学べて本当に良かったです。

夏というパーソナルカラーもグレース・フェミニンというデザインも、これからたくさん勉強していきたいです。特にパーソナルカラーについては未知の領域なので、勉強し甲斐があります。今からとても楽しみです。

M・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

パーソナルカラーとパーソナルデザインは、ご自分の生まれ持った個性を生かせる色と形を教えてくれるもの。
つまり、本当の自分とはどんなイメージなのか、がわかるものですね。

――と言っても、自分のことなんてなかなかわからないものです。

ですから、予想外の診断結果は、M・Kさん自身にとっても、とても新鮮、かつ、未来を切り開いていく楽しみを多いに味わえるもの、となっていくと思います。

わからないことがあれば、いつでもご相談に乗りますので、頼ってくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――「ようやく今の年齢なりの服選びが始められそう」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のK・Yさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「ファッショナブル・ロマンス」

・K・Yさんの感想メール


先日はありがとうございました。

35歳頃から化粧品も服も何もかも似合わなくなって来たと感じて悩みだし、パーソナルカラー(秋と誤診)、骨格診断(ストレート)、顔タイプ診断(エレガント)と受診したものの、答えを得られない日々でした。

パーソナルカラー秋という誤診の結果と、他人からは「落ちついてる」「しっかりしてそう」と良く言われていたので、パーソナルデザインがグレースなのではないか?(もしくはグレース・ロマンス)と予測していたので、ユナイテッドアローズやPLSTなどの無難なコンサバ服や、周囲からの好感度目当てにここ5年くらい流行の抜け感カジュアルを着ては「なんか地味…女らしさが消えた…でも若いころのような服は着れないし…」と悩む日々でした。

今回正しいパーソナルカラーとパーソナルデザインを知ることで、ようやく今の年齢なりの女性らしい服選びが始められそうな気がしました。

まずは口紅から冬仕様にすべく、診断帰りのその足でデパートに向かいました。今まで手を出す事の無かった、「こんな色はヴィジュアル系バンドマンしか使わないのではないか?」というような色がとても自然に似合いました。

ありがとうございました。

K・Yさん、ご感想、ありがとうございました。

よそさまの同業者をあまりどうこうと言うつもりはありませんが、K・Yさんはご自分でも誤診された「秋」では、「地味になってしまう」と実感されていたようですね。

ご友人がたの言う「落ちついてる」「しっかりしてそう」が、どうやってひねり出されてきた褒め言葉なのか・・・なんとなくその苦労も忍ばれます(苦笑)

K・Yさんは「ファッショナブル・ロマンス」ですから、「ファッショナブル」として存在感もあるタイプで「しっかりしてそう」にも見えますし、「ロマンス」の上品さから「落ちついてる」ようにも見えるのも確かです。

しかし、「冬」「ファッショナブル・ロマンス」のK・Yさんの最高のイメージをあえて一言で表すなら、「華やか」という言葉につきるでしょう。

これから、まさに大きなイメージチェンジに挑戦していかれるわけです。

大きな変化を前にして自分ひとりだけでは疲れるでしょうから、いつでもご相談に乗りますので頼ってくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed