福岡・熊本出張報告【2】

「福岡・熊本出張報告」と言いつつ、前回、旧伊藤邸訪問記で
終わっていましたので、今回は簡単にご報告です。

福岡でイメージコンサルティングを受けられた二人のお客様は、
どちらもパーソナルカラーについては以前に別のアナリストから
受診済みということで、パーソナルデザインを知りたいという動機で
受診されました。

ところが……、
お二人ともパーソナルカラーが以前のものと違う結果になりました。
「秋」→「春」、「夏」→「冬」
実はお二人とも、以前の診断には疑問があったそうです。
今回はこれまでの疑問が解消されたと喜んでいらっしゃいましたよ。


翌日は、「冬」「グレース・ナチュラル」タイプのお客様の
お買い物同行をしました。

博多駅隣接の阪急デパートで、結婚披露宴パーティーのための
ワンピース選びを中心に、ジャケットやアクセサリーなどを
見つけました。

お客さまのご感想の一部をご紹介します。


パーソナルカラー/パーソナルデザインを100%似合うもので
固めたグレースの礼服姿は様になる。
あのワンピースは100点だと思います。
生地に張りがあり身体の線を拾い過ぎず、襟や袖ぐりの直線、
膝丈で足につかず離れずのシルエットが私の体型のアラを
隠してくれて驚愕しました。
黒を華やかに着ることができる冬グレースはなかなかお得なので、
グレース多めに生んでくれた両親に感謝。


さて、同日の午後には、お客様お二人を買い物同行しました。
「春」「キュート」さんと「夏」「キュート」さん。

場所は、天神地下街を中心にお買い物。
比較的、お手頃な価格帯のものから、上品、かつ、キュートな
デザインのものを中心に選びました。

お二人とも、自分に似合うものがとてもたくさん見つかったので、
どれを買えば良いか、うれしい悲鳴をあげていらっしゃいました (^ ^)

さて今回、特に良いアイテムが見つかったお店は、
NATURAL BEAUTY BASIC、fukayaなどなどなど……
たくさんありました。

買い物で、どのお店に行くかは、けっこう大切ですね。
私は全国展開の活動をしていますから、全国に香咲ハルミ御用達の
ブティックができてしまっていますよ。

「それってどこ? どうしても聞きたい!!」
と言う人は、熱意があればお教えします(笑)

福岡・熊本出張報告

たまには活動報告などをば――。

4日間の九州出張が終わりました。
述べ12名の、コンサルティングとお買い物同行でした。
強行軍ではありましたが、今回も楽しかったです。


福岡でのお仕事の合間に、NHK朝ドラ「花子とアン」で、
突然クローズアップされた「旧伊藤邸」を見学してきました。

そこで見た柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)さん、
(仲間由紀恵さんが演じた役のモデルになった人)

その写真を見ましたが、とても美しく、ちょうど女優の
宮沢りえさんのような華奢で上品な「ロマンス」タイプ
雰囲気のある方でした。
(仲間由紀恵さんは前にも紹介したように「グレース」ですけどね)

また、白蓮さんが着用したというチャイナドレスが展示されていましたが、オーガンジーで甘い大柄の花模様のものでした。

とてもお似合いだったのだろう、と想像できます。

朝ドラの影響で今も毎日多くの観光客が訪れています。
だんだん少なくなる昔ながらの立派な日本のお屋敷。
一見の価値ありでした。

男性とコーデ・ポイント【2】

男性もポイントを数えましょう。

……といっても、男性の場合は、
「スーツを着ておけばOK」
という風潮がありますね。

普通のスーツ姿ではどうしてもポイントは低くなります。
(つまり地味に……)
オシャレに決めよう、という時はちょっと物足りないですね。


そこで、ポイントを増やすために注目したいのが、

  • ネクタイに色が多いもの
  • カフスボタン
  • ポケットチーフ

などを使うことです。

たとえば、次のようなコーディネート。
(カッコ内はポイントです)

  • ワイシャツ(1)、スーツ(1)、ネクタイ(3)、時計(1)、
    靴(1)、鞄(1)、カフス(1)、マフラー(1)――10P
  • シャツ(1)、ジャケット(1)、パンツ(1)、ストール(2)、
    バッグ(1)、シューズ(1)、時計(1)――8P


前にも書きましたが、うまくコーディネートするためには、
「引く」ことを考えるよりも、何を「足す」か
を考えることです。

放っておくと、滑るように楽な方向へ行ってしまう……
目立たない方へ目立たない方へ……
と地味になっていくのが日本人の傾向。
(特に男性はその傾向が強いですね)

男性も格好良く!
まずは、イメージコンサルティングで自分のパーソナルカラーと
パーソナルデザインを知って、自分のプロデュースをしてほしい
と思います。

【関連記事】コーデ・ポイント――どのパーソナルデザインでもポイントの数え方は同じ?

男性とコーデ・ポイント

コーデ・ポイントでひとつ紹介し忘れていたことがありました。

それは
男性にはコーデ・ポイントがそのままあてはまらない
ということ。

男性の場合、女性と同じくらいのポイント数まで着飾ると、
やり過ぎに見えてしまいます。

男性は女性のように着飾る必要がない世界で生きています。
「清潔感のあるオシャレ」は求められていても、
「華やかなオシャレ」はやり過ぎと言われかねない世界。

それは理屈というよりは、もう、慣習というか、一般常識
ようなものですね。

「似合うのだから、そんな常識は無視して良い」というのは
社会不適格者を作るようなものですから、私はそんなやり方を
おすすめしません。

似合うファッションで生きやすくする手伝いをするのが、
イメージコンサルティングです。


それでも最近は、色違いのTシャツを重ねて着たり、
ネックレスやブレスレット、ストール、帽子などを
オシャレに使いこなす男性も増えてきましたね。

オシャレとやり過ぎの境界を見極めてコーディネートすれば、
男性でもうまくコーデ・ポイントを使いこなせるわけです。

そこで、男性にコーデ・ポイントを当てはめる場合は
次のように適正なポイントの数を替えて考えましょう。


男性のコーデ・ポイント

  • 男性の標準的なポイント:7~8ポイント
  • カジュアルでごく普段着:5ポイント
  • 少々オシャレにという時:10ポイントくらい

女性と比べて、全体に低めのポイントで抑えるのがコツですね。

【関連記事】男性とコーデ・ポイント【2】

コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック【3】

さて、このコーデ・ポイントですが――当社のメルマガの
古くからの読者さんや、イメージコンサルティングの
受診者さんのなかには、私が説明したことを実践して、
さまざまな場面で成功したという人たちもたくさんいます。

たとえばある人は――

  • ご主人と外食などでオシャレしても良い時には、ちょっと
    派手めに15ポイントくらいのコーディネートにする。
  • お子さんのお迎えの時などで、ママ友さんたちと立ち話を
    するような場合は、目立ちすぎるのをさけるために、わざと
    10ポイントくらいに抑える。
    (10ポイントを下回らないのがミソ)

こういうふうにコーデ・ポイントを活用していると、
ご主人様やお友達から、「今日もオシャレね」
褒られるようになったとのこと。

しかも、「今日“は”オシャレね」ではなく、
「今日“も”」というのが良いですね。

「今日“は”」というのは「普段は地味なのに」の裏返しな
ときもありますからね……。

華やかに、それでいて悪目立ちするでもない。
TPOにあわせて、変幻自在。
でも、良い印象を保っている。
上の例にあげた人は、実にうまくコーデ・ポイントを
使いこなしていると思います。

コーデ・ポイントをうまく使いこなしているつもりでも、
TPOに関係なく、いつも同じポイント数の格好では、
「空気を読めない人」に見られてしまうかもしれません。

結局、いつも同じようなファッションをしている人
見えてしまうこともあります。

それって、手抜きしているのと同じ印象と言えるかも……。
(手抜きよりはステキに見えることは見えますが)

ポイント数を上手にアップダウンさせて、
うまくセルフ・プロデュースしていきましょう!

【関連記事】男性とコーデ・ポイント

コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック【2】

  • コーデ・ポイントって何? というかたは前回の記事をご覧ください。

「11ポイント以上にするにはどうしたらいいの?」

こういうポイントが足りないという質問はよくありますが、
次のような原因が考えられます。

  1. ポイントの数え方は合っていますか?
    すべて1ポイントではなく、少し派手だと思う物は2ポイントで数えてください。外に出るときは、傘やショッピングバッグも加わりますよ。その点数も加えましょう。
  2. 柄物を選ぶのが苦手。
    無地のものが多い場合は、ストールなどで上手にお似合いの柄を使って補いましょう。濃い茶色とうすい茶色といった、同じ色でも濃さが違う柄が入っているものから挑戦してみると、
    だんだんと慣れていきますよ。
  3. アクセサリーを使うことに慣れていない。
    あなたのパーソナルカラーとパーソナルデザインに合った
    アクセサリーは目立ち過ぎず、顔を引き立ててくれます。
    アクセサリーをうまく足していきましょう。
    特に40才以上になると、アクセサリーは大きな意味を持ちます。
    これについては、また、いずれお話ししますね。


簡単に言ってしまうと、足りないなら一色足せばいい……
ということです。

オシャレにしたければ、
細かい部分をひとつひとつ足していくのが大事。

とかく人は楽をしたくて「足す」のではなく「引く」方向に
いきたがるものです。これは「やり過ぎてるかも……」
「引いて」いくと、結局、ポイントが足らなくなって、
地味な感じになってしまいがちです。

自分にちょっと足していく――そこに勇気はいりません。
ポイントを数えて調整するだけの簡単な作業なんですから。

もちろん、やりすぎてポイントが超過しないようにご注意を――。

【関連記事】コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック【3】

コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック

コーデ・ポイント。
聞き慣れない言葉でしょうが、それもそのはず。
私が作った言葉なんです(いつものことです)。

かつてメールマガジン、
「センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる」
http://www.mag2.com/m/0000092620.html
を発行しはじめた最初の頃に紹介したもので、

「一度のコーディネートで服やアクセサリーを
どのくらい使えばいいか」

がわかる、という方法です。

もう10年以上前に紹介したやり方なんですが、
今でもメルマガの読者さんから、

「11ポイント以上にするにはどうしたらいいの?」

といったコーデ・ポイントについての質問が来ます。
くわしくはメルマガのバックナンバーを読んでください……

というのでは不親切ですので、
ここで改めてコーデ・ポイントの解説をします。

コーデ・ポイントの数え方


  1. まず、あなたが「着ている服」に使われている色
    を数えてください(スカーフやマフラーなども)。
    ひとつが一点です。
    【注】ただし、数えるのは3メートルくらい離れても
       確認できる色だけ。細かいものは無視してください。

  2. 次に、衣類以外のアイテム(ネックレス・リング・時計・
    ブレスレット・靴・バッグ・ブローチ等)の数を数えます。
    これもひとつが一点です。

  3. さらに、あなたの服やアイテムのなかで「特にこれは目立つなあ」
    と思うもの(フチ取りやフリル、眼鏡の鎖など)があれば、
    それぞれ一点ずつ追加してください。
    なければ追加しなくてかまいません。


  4. 1~3で数えた点数がコーデ・ポイント数になります。

採点方法は――

  • 11点~16点くらい:最適!
  • 17点以上:ゴチャゴチャした感じになってしまうかも。
  • 10点以下:手抜きしているか、さびしい感じが出てしまいます。
  • ただし、カジュアルウェアの場合は9点くらいでもOK!

という感じです。
数え方の例としては――

  • 大きなボタンは、ひとつ1点。4個で4点。
  • 生地と同じ色の小さなボタンは0点。
  • 模様のついているバッグは1点加えて2点。
  • 飾りの付いた靴は1点加えて2点。
  • プレーンな結婚指輪は0点でかまいません。
  • マニキュアは無色やナチュラルカラーは0点。
    色が付いていたら両手で1点。
  • 大きなバックル付きのベルトは目立つので2点。

こんな感じで、お出かけ前などに鏡の前で数えてみましょう。

やり過ぎてないか、逆に、手抜きしているように見えないか、
簡単にセルフ・チェックできますね。

――で、最初にあった質問に戻るんですが……。

「11ポイント以上にするにはどうしたらいいの?」

自分のコーディネートでは、どうやっても10ポイント以下に
しかならない、という人もいます。

さあ、どうすればいいんでしょうか?

【2】につづく

【関連記事】コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック【2】