ステキに目立つか、悪目立ちするか

ときどき、私は受診者さんに「パーソナルカラー・パーソナルデザインを使いこなすことは、『ステキに目立つこと』だから、ステキになることを覚悟してくださいね」と伝えることがあります。

これについて、

「私の職場はお堅い雰囲気なので、ステキに目立てと言われても、悪目立ちしてしまいます。どうすればいいですか?」

という質問がきました。

本来はこういう内容はメルマガのほうでお届けしてきたものですが、こちらしかご覧になっていない、というかたもいらっしゃるので、お答えします。
→ メルマガ バックナンバーサイト
「ステキに目立つ」ことは「悪目立ち」とは別の意味

この質問をされるかたは、そもそも「ステキに目立つ」ことと「悪目立ちする」が同じ意味にとらえていらっしゃるのかもしれません。

そのとらえ方では、どちらもただ「目立っているだけ」という意味になってしまいますね。

でも、この私が「ステキに目立て!」と言っている意味は「とにかく目立ちなさい」という意味ではないのです。

これは、「今までファッションにあまり力を入れてこなかった人」に向けて言っている言葉なんです。

ステキなファッションに身を包むと、どうしても気恥ずかしくなって、なかなかオシャレに踏み出せず、イメージコンサルティングを受診してもなかなか変われない。
(しかも、これ、無意識に足踏みしている場合もあります)

でも、そういうかたでも「もっと人生を良くしたい」からこそ、コンサルティングを受診したわけです。変わりたいんですよね。

だから、最初の一歩を踏み出す勇気が必要。

そこで背中を押すためのコンサルタントの言葉が必要なら、「ステキになる覚悟をもって、人生をレベルアップさせましょう!」と伝えます。

(メルマガなどでも、そういう文脈のなかで、この言葉が出てきますよ)

「ステキになって目立つ」とは、つまり「人の目にとまること」

他人から「ステキだな」と思われる人って、良い意味で目につく人――人の目にとまるからこそ、ステキかどうか感じてもらえるわけです。

人の目にとまらないようでは、「いくら私は変わったつもりなんだけど」と言っても、「ステキな人」とは思ってもらえません。

繰り返しますが――「ステキになって目立つ」とは、つまり「人の目にとまること」。

それがあなたをどこにでも転がってる石ころではなく、「特別な宝石」たらしめるんです。

宝石が輝くことを恐れないように、あなたも輝く自分の人生を楽しんでくださいね。

さて、この「ステキに目立ちましょう」ですが、実は「すでにファッションをがんばる気持ちがある人」にも伝えることがあります。

自分を飾ることに気おくれする人とは逆に、やる気マンマンな人相手でも、この言葉が必要になる場合もあるんです。

それは次回、解説します。

(また回をまたげば、お堅い職場でどうやってパーソナルカラー・パーソナルデザインを活かせばいいのか、もお伝えする予定です)

それでは次回に――。

Comments are closed

Comments are closed.