続・有名人をファッションの参考にするのは「失敗」の元【3】

モデルさんや女優さんが一見、どんなものでも着こなせるように見えるのは、あくまで「見える」ように作られている部分も大きい、というお話を前回しました。

でも、実はこの 何でも似合って見えるように「作り込む」世界 は、パーソナルカラーやパーソナルデザインが皆さんに提供しているものとは正反対のものだというのが、今回のお話です。

そもそもイメージコンサルティングを受診するとどうなるの?

いきなりですが、結論を先に申し上げます。
イメージコンサルティングはあなたを「作り込む」ことはしません。

パーソナルカラーとパーソナルデザインがもたらすものとは、
「作り込みしなくても、一番きれいに見える似合うアイテムは何か」
ですからね。

作り込みにがんばらなくても良いわけですから、日々のファッションが楽になります。無駄な時間がいらなくなるので、いろいろとチャレンジしていける人生のゆとりが生まれるというものです。

そして、「ただ何を着るか」というだけでなく、他人からの評価を上げていくことで、人生をより豊かにレベルアップさせていく原動力になる。

これがイメージコンサルティングの目的なんです。

「何を着るか」だけでとどまるのではなく、
「それを着てどんな人生を進んでいくか」のお手伝い。

人生における「ここぞ!」という時の武器として、使って貰いたい。

イメージコンサルティングはその名の通り、
「他人が見る、あなたのイメージをアップするコンサルティング」
なんですからね。

作り込まなくても、あなたはステキになれる

モデルや女優が見た目を作り込むのは、それが商売だからです。
お金も人もたくさん動いて、一回の撮影や舞台――そんな一回一回ごとにそこまでやるからこそプロの仕事、と言えるのでしょうね。

でも、あなたがそういう仕事をしているのでないのなら(というか、ほとんどの人はしてないわけですが)、そういう「作り込み」は時間とお金の浪費で終わる危険もあります。

遠くからや映像や写真で見る分には良い感じに見えても、パーソナルカラー/デザインから外れた格好では間近で見られるとチグハグ感が出るものです。
(むしろ、間近で見ると「作り込み」がやり過ぎに見えるかも・・・)

似合うアイテムで身を包んでいれば、そういう心配はなくなるわけで、自信を持って自分のアピールをしていけるわけです。

「作り込まないと自信が持てない・・・」から
「本当の自分をアピールする方法を知っている」

そんなあなたになっていただきたいから、私は今日もイメージコンサルティングを続けたいと考えています。

ということで今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.