よみがえる過去の太眉の流行

眉の写真
少し前まで「眉は細く整えてこそ」というような流行でした。
でも、昨年(2016年)あたりから、状況は変わってきました。

あれほど、「細眉でないとイヤ」と言っていた人々の間で、太めに整える眉がはやりだしています。

実は私は、細眉流行時代に、

「もう少ししたら太眉が、またはやるようになると思いますよ」

と言い続けてきました。
メルマガなどでも何度か書いてきました。

とはいえ、その時は、聞き手の皆さんから「まさかぁ!」と笑われているだけでしたね。

そして、今、私の予言は的中したわけです。
(まあ、予言というほど、大した話でもないですが・・・)

太眉が恥ずかしくない時代が来る――

なぜ、それが私に分かっていたかというと、そもそも眉に限らず、
流行はリサイクルされるもの
と知っているからです。

流行は巡り巡って戻ってくる

若い人にとっては、生まれる前に流行したことなんて、もはや「歴史」のなかの出来事みたいなものですね。

そこを逆手にとって、売り手は「歴史」のなかから引っ張り出してきて、デザインのリサイクルをすれば、安上がりです。

デザインを新発明する必要もありません。

そして、その「新デザイン」が実は過去にすたれたものだと知らない若い人には、それがまったく新しいものに見えるわけです。

とはいえ、実際はたかだか数十年前のことですので、その「新デザイン」は年配の人にとっては、なじみのあるデザインでしかありません。

しかも「時代おくれ」になったものですので、違和感を受ける人もいるわけです。

「流行のリサイクル」が悪いわけじゃない

でも、誤解しないでくださいね。
「流行のリサイクル」が悪いと言っているわけではありませんよ。

かつて流行したものが、今、再び流行して何も悪くないですからね。

良いものだから、かつて流行したのですから、それが再評価されただけのことです。

そう考えれば、流行が終わったデザインのアイテムをさっさと捨ててしまうのは、もったいないかもしれません。いつか「流行のリサイクル」によってすくい上げられる日がくるかもしれませんね。

そうはいっても、いつその再評価が始まるかはわかりませんが・・・。

そして今、かつて流行し、その後、時代おくれになって消えたはずの「太眉」がよみがえりつつあるわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、次回は本題――
パーソナルデザインごとの太眉対策について
をご紹介します。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.