受診者さんの感想メール紹介――「診断結果にとらわれすぎずに、でも、いざという時に活かしたい」(19才・女性)

毎度おなじみ、コンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のR・Mさん(代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「春」
  • パーソナルデザイン:「グレース・フェミニン」

・R・Mさんの感想メール


香咲先生、先日は大変お世話になりました。

高校生から大学生になり、365日ほぼ制服しか着ていなかったため、服や化粧品をを買うのにも何を選び身につければ良いのか分からず、センスのない自分を周りと比べて悲観的になることも多々ありました。

次第にプロの方に診断していただきたいと強く思うようになり、香咲先生までたどり着くことができました。このご縁に本当に感謝しています。

今回診断を受けて、本当に楽しかったです!

自分のパーソナルカラーとパーソナルデザインを理解できたことにより軸が明確になりましたし、今まで身につけて来たことのない色が似合うと知り世界が広がって感じました。

自分の得意な色のドレープをあてると肌だけでなく歯も真っ白になることに驚きました…理屈で知ってはいたのですが実際に目の当たりにして色の力ってすごいなとひしひしと感じました!

また、パーソナルデザインから先生にいろいろなことを見透かされたことも驚きました。本当にどこかからご覧になっていたんじゃないかとすら思ってしまいます。

パーソナルデザインを知ったことにより、相手からの自分の見られ方も分かりましたし、周囲の反応はパーソナルデザインが関係していると分かりとてもスッキリしました!

場面に応じメインとサブのどちらかに寄せるというのもとても参考になりました。パーソナルデザインを普段だけでなく実習や就活の時にも活用していこうと思います。

しかし、とらわれ過ぎて雁字搦(がんじがら)めになるのではなく今はまだいろいろなものにチャレンジしていきたいと思います。

また、姿勢の話もしていただきましたが、改めて治すように意識していこうと思いましたし、姿勢を維持する筋肉が足りないのでコンサルティング後から少しずつ鍛えています。思い返すと、姿勢の悪さから人を睨むような姿勢になってしまっていたと反省しています。

香咲先生には本当に感謝しかしていません。パーソナルカラーとパーソナルデザインを活用し、自分らしく自分を好きになっていきたいです。
本当にありがとうございました。

R・Mさん、ご感想、ありがとうございました。

R・Mさんはまだ19才と、お若いかたです。
少しくらいパーソナルカラーやパーソナルデザインから外れたアイテムを使っても、19才の肌ツヤがあれば、なんとかカバーしてくれます。

普段はあえてパーソナルカラー/デザイン以外の服を着てみるのも、またファッションの楽しさだと思います。

決して、イメージコンサルティングの原理主義みたいになる必要はありません。
似合う似合わないなんて、当人が気にしないなら、どうでもいい。
それくらいの気分でいてくださいね。

とはいえ、R・Mさんもこれから大人の女性として成熟していかれるなかで、似合うアイテムが必要になる場面が数多くやってくることでしょう。

そのときは、迷うことなく自分の似合うアイテムを存分にご利用ください。
ここぞ、という時こそのパーソナルカラーとパーソナルデザインですね。

さて、R・Mさんのご感想のなかに「姿勢」のお話が触れられていました。

姿勢によってはせっかく似合うファッションにしても、周囲からの評判が上がらない危険性もあるのです。

ということで、この姿勢に関するお話を次の記事で少し掘り下げたいと思います。

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.