受診者さんの感想メール紹介――「他の受診者との比較で自分の結果について理解を深められた」(20代・女性)

今回は久々、コンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のA・Tさん(20代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「フェミニン・ナチュラル」

・A・Tさんの感想メール


香咲先生
先日は本当にお世話になりました!

診断結果のフェミニンというのは、個人的にはすごく意外でした。

目が細くて小さいことや元々の眉が上がり気味なところ、僧帽筋の主張の強さを気にしていたので、バイアスがかかってきっと自力では辿り着けない結果だったなあと思います。

他の方のパーソナルデザインやパーソナルカラーと比較するとこで、自分の結果について考えを深められたのも面白かったです。

またファンデーションは塗っても肌があまり綺麗に見えないので苦手でしたが、今回お借りしたファンデーションのおかげでこの認識を改めることができました。

塗りました~という感覚を出さずに肌の粗を隠せるんですね。今まで私は何を何のために塗っていたんだ…?と笑ってしまいました。

たくさんの気付きを得ることが出来て、今回受けられて本当に良かったです!

今度眼鏡を買う予定なので、近々写真を送らせていただきます。

この度は本当にお世話になりました。ありがとうございました。

A・Tさん、ご感想、ありがとうございました。

よく当ブログやメールマガジンなどでも書いていることですが、
「自分の個性はわかっているようで、実はなかなかわかっていない」
ということは、多くの人に見られることです。

A・Tさんの感想内にあるように、まさに主観のバイアスがかかっている状態ですね。

でも、客観的に見れば、A・Tさんには女性らしさがあり、むしろその個性を活かすとステキにイメージアップしていける人だったわけですね。

こういう自分では意外な個性の発見があるのも、イメージコンサルティングの面白さなのかもしれません。

新しく気づけた自分の個性を、今後、存分に楽しまれてくださいね。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.