2017春物が店先に並び始めました

post on 2月 19th, 2017
Posted in 簡単ステキ・コーディネート

2017春

2017年も2月が下旬に入ろうとしていますが、春物のアイテムが店先に並び始めましたね。

そうなってくると、お客様から聞こえてくるのが、

「春は、『春』色が多いんですよね~」

というお声なんですが、実はそれほど「春」色の服ばかりが出ているわけではないんです。

春先にたくさん出てくるのは、実は「明度」の高い色です。

「だったら『春』色ってことでしょ?」

いえ、「『春』だけ」ではないんですよ。

それぞれのシーズン――「春」も含めて「夏」「秋」「冬」、すべてのグループの中の、明るめの色が出てきているんです。

例えば、次のような感じ。

  • 「夏」タイプ:
    くすみすぎていないキレイな色に出会えます。

  • 「秋」タイプ:
    バリエーションに加えるとテンションのあがりそうな、華やかな「秋」色が見つかります。

  • 「冬」タイプ:
    「冬」のお客さまはよく「アイシーカラー」が欲しいと言われますが、探すならこの時期がベスト! すぐに無くなってしまいます。

今日辺り、ちょっと下見に行ってみるのも良いですね。

それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

「続・外れるパーソナルデザイン」ご感想紹介

post on 2月 11th, 2017
Posted in 電子書籍

続・外れるパーソナルデザイン皆さま、こんにちは。

ということで、「続・外れるパーソナルデザイン」が発売されました。
(くわしくは本記事の一番下のリンクから、どうぞ)

早くもご感想をいただいています。
そのなかから、受診者さんとコンサルタントからの感想を一つずつご紹介したいと思います。

受診者さんからの感想


さっそくのご返信と電子書籍、ありがとうございました。
「続・外れる…」、
あー。とか、うー。とか自戒したり納得したりしながら拝読しました。
奥が深くて
まだまだ当分プロのお世話にならなくては…

香咲先生の文章、いつも分析的で冷静で、心から信頼しています。
それでいて同時にワクワクする感じがあって…
先生とご縁をいただけたこと、ほんとうに幸運に思います。

S・Wイメージコンサルタントからの感想


「続・外れるパーソナルデザイン」、届きました。ありがとうございます。

1作目(編注:前作「外れるパーソナルデザイン)も届いた日に一気に読み終わってしまうくらい面白かったですが、2作目もあっという間に読み終わりました。読み物としても本当に面白いです。

(中略)

コンサルタントが簡単に答えにとびつく事がどれくらい危険か、今回も勉強になりました。
「外れたアドバイス」を私もしているかもと思って以前の自分を思い出しながら、背筋が冷える気持ちがしました。

パーソナルデザインは本当に単純ではないですね。
先生方はいつも、先入観を捨てなさいとおっしゃっています。
本で読み込むと先生が何度も繰り返しおっしゃる意味が本当によくわかります。

先生のようなコンサルタントに近づけるように、私も先入観を持たない診断をしたいと思います。

今後も宜しくお願いします。

他にもたくさんのご感想をいただいていますが、またの機会にご紹介できれば、と思います。

「続・外れるパーソナルデザイン」こぼれ話も近いうちに、お届けしたいですね。

それではまた――

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」販売開始

post on 2月 4th, 2017
Posted in 告知(お知らせ), 電子書籍
電子書籍「続・外れるパーソナルデザイン」の販売を開始しました。

続・外れるパーソナルデザイン

「パーソナルデザインの間違い集」――の続きです。

お待たせしました。大好評を博している弊社電子書籍「外れるパーソナルデザイン」の続編をようやくお届けできる運びとなりました。

今作では「どうすると診断を間違うのか」に加えて、

「変なアドバイスをしてしまう例」「男性の誤診例」

を特集しています。

前作同様、ベストカラーコムのイメージコンサルタント養成講座の卒業生向けを意識して書かれていますので、内容は少し「攻め」の傾向です。

その点だけ、ご理解の上、お読みくださいね。
(もちろん、コンサルタントでなくても楽しく読める内容になっています)

■ 著者:香咲ハルミ/ベストカラーコム

■ 価格:750円(税込)

■ 送付形式:PDFファイル(PC・スマートフォン・タブレットPC等でも読める形式です)


■ 詳細ページへのリンク

Comments are closed

デジタルカタログ買い物同行の感想メール紹介

今回は、「デジタルカタログ買い物同行」のご感想を紹介したいと思います。

デジタル同行についてのくわしい情報は、下記リンク先をご覧ください。

【関連リンク】公式サイト「デジタルカタログ買い物同行」のページ

Kさんの感想メール
冬・ファッショナブル/ロマンス)


先日はデジタルカタログ買い物同行、ありがとうございました。

足で歩き回らない分、休みなく、ものすごい点数の商品を、怒涛の勢いで次々に見ていったためか、まだ興奮とぼんやりが同居しています。

これまでに頂いてきた診断結果やアドヴァイス、カラーチャート、メルマガや電子書籍など思いだしたり見返したりしていますが、まだまだ(自分だけでの買い物に)確信が持てず、特に面積の大きいものは不安も大きくて、買い物同行の依頼をさせていただきました。

カラーとデザインの合う商品と、近いけれど、いまひとつ…というものも何点か、その理由と共に説明していただいて、理解不足や思い違い、思い込みによって、選択を誤ったり選択肢を狭くしていたことがわかりました。

特に、明度の中途半端なものを選択して、失敗してしまっていたことがわかったのは今回の大きな点でした。

もっと大胆に、ぐっと明度の高いものか低いものを選べば良いのだと思って、改めて見るとずっと使わせていただいている、いつものカラーチャートの中でも、これまであまり意識していなかった色が目に入ってきて、またひとつ認識が深まったことです。

質問や、日常の中で感じている違和感、商品へのちょっとした反応にも、電話ごしなのにもかかわらず、対面でお話している時のようなわかりやすい回答や説明をいただいて、幾つも腑に落ちたり、目からうろこが落ちたり、今回も楽しい感動の連続でした。

自分と周りの人を楽しく幸せな気持ちにさせてくれる服と、それを身につけられる機会が、どんどん増えていること、本当に嬉しく感じています。

これからもご指導のほど、よろしくお願いいたします。

Comments are closed

よみがえる過去の太眉の流行【2】

昨年(2016年)くらいから太眉が受け入れられつつある、
ということで、
今回は各パーソナルデザインごとの太眉についてポイント紹介です。

太眉と各パーソナルデザイン

太眉にしてみたい、として、パーソナルデザインのタイプによって、似合う眉の整え方も当然、違ってきます。

各タイプごとの違いを、簡単に紹介しましょう。

「ファッショナブル」タイプ


そもそも、はっきりした眉が似合うタイプ。
太めにしても、眉山をハッキリつくり、眉尻を長めにすると良いでしょう。

「ナチュラル」タイプ


こちらも、そもそもふと眉が似合う人が多いタイプです。
パウダーで塗りつぶすより、眉毛一本一本の流れが見えるように自然に描くようにしましょう。

「グレース」「フェミニン」タイプ


太くなりすぎないのが重要。
眉頭、眉山、眉尻をきちんとつくり、整えましょう。
上品な感じが似合うタイプなので、本当は太すぎないように注意。

「ロマンス」タイプ


甘く上品な感じが似合うタイプですから、太眉にするなら、ソフトなアーチを描いて、少し太めに描きましょう。

「キュート」タイプ


パウダーで塗りつぶした、太くて短いぼかし眉が似合う人も多いタイプ。
もちろん、すべての人がそうだということではないで、大人の女性なら標準的な太さに抑えるようにしましょう。

もっと細かいところが知りたいというかたは、当方まで気軽にお問い合わせください。

それにしても、次の流行はいったい何がリサイクルされてくるのでしょうね。

「肩パッド」なんて、あるかもしれませんよ。

さてさてどうなるか・・・
まあ、何が来るにしても、興味深いことですね。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

よみがえる過去の太眉の流行

post on 1月 15th, 2017
Posted in 簡単ステキ・コーディネート

眉の写真
少し前まで「眉は細く整えてこそ」というような流行でした。
でも、昨年(2016年)あたりから、状況は変わってきました。

あれほど、「細眉でないとイヤ」と言っていた人々の間で、太めに整える眉がはやりだしています。

実は私は、細眉流行時代に、

「もう少ししたら太眉が、またはやるようになると思いますよ」

と言い続けてきました。
メルマガなどでも何度か書いてきました。

とはいえ、その時は、聞き手の皆さんから「まさかぁ!」と笑われているだけでしたね。

そして、今、私の予言は的中したわけです。
(まあ、予言というほど、大した話でもないですが・・・)

太眉が恥ずかしくない時代が来る――

なぜ、それが私に分かっていたかというと、そもそも眉に限らず、
流行はリサイクルされるもの
と知っているからです。

流行は巡り巡って戻ってくる

若い人にとっては、生まれる前に流行したことなんて、もはや「歴史」のなかの出来事みたいなものですね。

そこを逆手にとって、売り手は「歴史」のなかから引っ張り出してきて、デザインのリサイクルをすれば、安上がりです。

デザインを新発明する必要もありません。

そして、その「新デザイン」が実は過去にすたれたものだと知らない若い人には、それがまったく新しいものに見えるわけです。

とはいえ、実際はたかだか数十年前のことですので、その「新デザイン」は年配の人にとっては、なじみのあるデザインでしかありません。

しかも「時代おくれ」になったものですので、違和感を受ける人もいるわけです。

「流行のリサイクル」が悪いわけじゃない

でも、誤解しないでくださいね。
「流行のリサイクル」が悪いと言っているわけではありませんよ。

かつて流行したものが、今、再び流行して何も悪くないですからね。

良いものだから、かつて流行したのですから、それが再評価されただけのことです。

そう考えれば、流行が終わったデザインのアイテムをさっさと捨ててしまうのは、もったいないかもしれません。いつか「流行のリサイクル」によってすくい上げられる日がくるかもしれませんね。

そうはいっても、いつその再評価が始まるかはわかりませんが・・・。

そして今、かつて流行し、その後、時代おくれになって消えたはずの「太眉」がよみがえりつつあるわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、次回は本題――
パーソナルデザインごとの太眉対策について
をご紹介します。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

2017年と、よみがえる過去の流行

記事のタイトルが「ハリーポッターとほにゃらら」みたいな感じなっていますが、それはさておき、2017年になりました。

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

21世紀ももう17年目ですか・・・早いですね。

なにが早いって――ノストラダムスとか2000年問題と言っていたのが、何だったのかと思ってしまうくらい、時間は過ぎているなあ、と思ったものですから。

ところで――

ファッション業界では、この「時間が早く過ぎる」を逆手にとった売り方がよくされるのをご存じですか?

すなわち、流行のリサイクルです。

月日が流れて、みんなが忘れた頃に、過去にすたれた流行を引っ張り出してきて、

「これが今の新しいファッション!」

と売り出すと、あっさり流行する。

でも、ある程度の年輩の人からは、

「それって私たちがまだ若かった頃に、年上のオバサン世代に流行していたデザインだわ」

という言葉が聞こえてくるわけです。

そういう人たちには、すでに古くさくてダサイと言われて消えたはずの「過去の流行」が、今の若い人たちに喜ばれているのを見るのは、不思議な気分になるようです。

最近、その「過去の流行」が再び顔を出しているのを目の当たりにしています。

それは、太い眉 です。

――というところで、
今回は新年のごあいさつのつもりでしたので、ここで終わっておきます。

次回の記事で「よみがえる過去の太眉の流行」をお送りします。

それではまた――。

P.S. そうそう、「外れるパーソナルデザイン2」は鋭意、執筆中です。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

新刊「外れるパーソナルデザイン2」の予定

post on 12月 30th, 2016
Posted in 告知(お知らせ)

続・外れるパーソナルデザイン当ブログをご覧のかたには周知のことと思いますが、現在、ベストカラーコムでは電子書籍を販売しています。
ラインナップは以下の通りです。

  1. 「パーソナルカラー 似合う色の選び方と活かし方」
  2. 「パーソナルカラーとパーソナルデザインの
    おもしろ雑学集1」
  3. 「パーソナルカラーとパーソナルデザインの
    おもしろ雑学集2」
  4. 「外れるパーソナルデザイン」(以下「外れるPD」)

そして、最後の「外れるPD」を販売開始して1年経ちましたが、この「外れるPD」はとにかく反響が大きかったんです。

皆さんのパーソナルデザインへの関心が高まっているのを感じました。

というところで、ようやく「外れるPD」の続編を予定することになりました。

予定は未定とも言いますが……
とりあえず、ぼちぼち執筆中です。

期待してくださるかたがいらっしゃるようでしたら、気長にお待ちいただけると幸いです。

というところで、本年はここまでです。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

それではまた――来年にお会いしましょう。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――2人の息子さんの診断を見たお母さまから【2】

前回に続き、コンサルティングの感想メール紹介です。

今回は、2人の息子さんのご感想をお母さまのK・Tさんが紹介してくださいました。
おふたりのパーソナルカラー/デザインについては前回の記事↓をご覧ください。

【関連記事】受診者さんの感想メール紹介――2人の息子さんの診断を見たお母さまから

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

・2人のお母さまK・Tさんの感想メールのつづき


次男の感想です。

  • すごかった、人生変わると思った。
  • 受診するまでは、赤とか青などの似合う色だけを教えてもらうんだと思ってた。
  • 先生は親戚のおばちゃんみたいにすごくしゃべりやすかったので、いっぱい質問ができた。
  • これから買い物に行ってもムダが無くなる。
  • パーソナルデザインがナチュラルやったから、オレは今のままでええんやって思えた。
  • バイトしてお金貯めて、次は彼女を受診させてあげたい。

今回、次男の彼女も同席させていただき、ありがとうございました。

自分が受診して本当に良かったので、次は彼女にも同じ経験をさせてあげたいと思ったようです。

次男の感想にもありましたが、自分はこれでいいんだと思える自己肯定感を持てる事は大切な事だと思います。

次男は高校生の時に自分の在り方で悩んだ事があり、余計にそう感じたのかも知れません。

自分の生き方や存在について悩んでいらっしゃる方はハルミ先生の診断を受けられる事をお勧めします。

私も人生変わっちゃったひとりです。

長男からの感想もまた改めてお伝えいたします。

ということで、後日、ご長男の感想も送っていただきましたので、ご紹介します。

・2人のお母さまK・Tさんの感想メール――ご長男編


先生、長男の感想をお送りいたします。

今後の方向性が見えて迷いがなくなったとの事なので、やっぱり診断していただいて良かったです。
他の

  • いつも着ていく服に悩まされてた。母にパーソナルカラー受けてみろって言われたけど、正直半信半疑やった。自分に合う色が分かっても着こなせるのかなど。
  • 当日は、最初にカラーやデザインについて学ぶことで、その重要性をイメージできた。
  • 実際に色を当てると、自分でも分かるぐらい変化がある事に気付けた。その際の説明もイメージしやすい言葉で理解しやすかった。
  • また、合うカラーだけでなく、デザインも診断していただくことで、着ると良い服の方向性が見えた。
  • 買い物の同伴では、普段買わないであろう商品も見つけることができてよかった。

長男は手持ちの服をカラーチャートに合わせてみて、どう着こなそうか楽しんでいるようです。

次はこんな色のアイテムを買おうなどと必要なものがハッキリしたので、ムダなく買い物ができると思います。

弟さんの「ナチュラル」らしいカジュアルな感想。
お兄さんの「グレース」らしい理路整然とした感想。

息子さんお二人の感想に、パーソナルデザインごとの違いが出ているのがおもしろくて、ほほえましい気分になりました。

T・Kさんとお二人の息子さん、ご感想、ありがとうございました。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

受診者さんの感想メール紹介――2人の息子さんの診断を見たお母さまから

今回はコンサルティングの感想メール紹介です。

2人の息子さんが兄弟一緒に受診された現場を見学されて、お母さまが送ってくださったものです。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診されたご兄弟の情報は――
ご長男(23才)

  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース」
ご次男(21才)

  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル」

パーソナルカラーは同じ「ブルーベース」ですが、パーソナルデザインの違いから、雰囲気が違うご兄弟でした。

下は、診断を見学された、お母さまのご感想です。

・ご兄弟のお母さまK・Tさんの感想メール


先日は息子2人のコンサルティングとお買い物同行をしていただき、ありがとうございました。

2人とも会場に到着して、先生から説明を受けている段階ではまだよくわからないのでそんなに興味も示していませんでした。でも診断が始まった途端、2人とも瞳が輝いていました!

先生にドレープを当てていただき、兄弟お互いにその変化を確認できたのは、驚きでもありとても面白かったようです。「めっちゃおもろかったなぁ!」と言うのが正直な感想でした。

私もそれぞれの診断を見学しながら、今まで着ていた洋服の色を思い返したりしていました。改めて色の持つ〝チカラ〟や〝意味〟について考えました。

パーソナルデザインの診断結果は、2人ともバッチリ当てはまっていました。
今まで育ててきた過程で、「あーPDがこれだったからなんやー納得!」と思える事がたくさんありました。
先生の診断って本当に面白いです!!

ブーツひとつで20センチも背が伸びて見える?

いつもの事ながら、お買い物同行も本当に楽しかったし勉強になりました。選んでいただいたネクタイやストール、そしてシャツにダウンジャケット、2人とも本当に気に入ったようでした。

次男がバイクに乗る時のブーツを選んでいただいた時、長男にも似合うブーツを見つけてくださいました。

今までの彼の中にはブーツを履くと言う観念が無かったので、半信半疑で履いてみたところ、今まで履いていた靴は何だったんだろう?と言うくらいの衝撃だったのではないかと私は想像しています。

親の私が言うのもお恥ずかしいですが、ブーツを履いた途端、身長が20センチは高くなったように思えたんです。20センチって大げさですが、似合う靴を履いただけでこんなにも印象が変わっちゃったんです!

メガネ選びの大切さも実感

メガネのフレームの勉強も楽しかったです。

以前、次男が自分で選んだフレームで作ったメガネは「どこのおじさん?」と言うようなフレームでした。

今回似合うものと選んではいけない物を教えていただいたので、次からは大丈夫だと思います。

グレースタイプの長男が、フレームの選び方ひとつでお笑い芸人みたいになってしまうのも面白い発見でした。

T・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

なお、感想文は息子さんのご感想へと続いていますが、それは次回にご紹介しましょう。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed