ドラマ「相棒」――他の相棒のパーソナルデザインは?

前記事で新「相棒」役の反町隆史さん。のパーソナルデザインについて紹介しました。

【関連記事】ドラマ「相棒」シーズン14から――反町隆史さん

ついで、というわけではないのですが、ドラマの前シーズンまでの相棒役のかたがたのパーソナルデザインも紹介しようかな、と思います。

■ 寺脇康文さん:最初の相棒「亀山薫」役
 ・パーソナルデザイン:「ナチュラル」タイプ


何といっても「杉下右京」との相性抜群の”相棒”「亀山薫」。
演じる寺脇康文さんは、「ナチュラル」タイプ。
背が高く、肩幅が広い。顔立ちも男らしい優しさがありますね。

そして「亀山薫」も「ナチュラル」タイプそのもの。

走ったり、大声で叫んだり、必要があれば人を殴ることも……
反面、情にもろくて涙もろい人情派で熱血漢。
なにより、杉下右京を守っている感じがしましたよね。
フライトジャケットとカーゴパンツが、とてもお似合いでした。

寺脇さんは「相棒」降板後も、主役を演じるドラマがたくさんありましたが、どの役もキャラを立たせすぎていて、寺脇さんのカジュアルな良さが光っていないような気がします。

格好良くて、強くて、優しい――そんなピッタリな役があるといいですね。

■ 及川光博さん:2代目相棒「神戸尊」役
 ・パーソナルデザイン:「ロマンス」タイプ


「神戸尊」はオシャレなスーツに柄物のシャツ、ノーネクタイで第2ボタンまではずし、流し目で右京さんを見て、スマートに立っていました。

普通の刑事さんで、こんなファッションしている人、いないでしょうね。でも、及川さんがしていると、それがおかしく見えないのも「ロマンス」ゆえでしょう。

動きはいうと、走らない・叫ばない・殴らない・右京さんを守らない……感じですね。でもこれも、「ロマンス」タイプの及川さんにはピッタリでした。

調べものは、いつのまにか済ませている――バタバタ動かないけど、仕事はできる感じをあらわしていましたね。

■ 成宮寛貴さん:3代目相棒「甲斐享」役
 ・パーソナルデザイン:「ハイスタイル」タイプ


弟分でかわいい印象の”相棒”。

服装も、上はテーラードジャケットにベストでノーネクタイ、下はぴっちりしたデニムのパンツ、といったオシャレが似合っていました。

いつも杉下さんにくっついて行動し、とっても顔を近づけて話をする。”にぎやかし”キャラみたいで、仕事をしているかどうかわからない感じもありましたね。

こうして見ると、新“相棒”の冠城亘を含め、「相棒」の役柄って、ちゃんとパーソナルデザインに合った人が選ばれている(というか、役者に合ったキャラを作ってる?)と言えます。

ミスキャスト感がないのが、このドラマの強みかもしれませんね。

Comments are closed

Comments are closed.