外れるパーソナルデザインの有名人例――伊藤英明さん

今回は「外れるパーソナルデザイン」にされそうな有名人またひとりご紹介。

「外れるパーソナルデザイン」:パーソナルデザインが間違われやすそうな人、と言う意味。くわしくは電子書籍「外れるパーソナルデザイン」を参照ください。
俳優・伊藤英明さんのパーソナルデザインは?

伊藤英明さん1
今回紹介する伊藤英明さんは、ドラマや映画にもなった「海猿」の主役で有名ですね。
また、現在、火曜日放送の「僕のヤバイ妻」でも、妻に翻弄される男性の役を演じていらっしゃいます。

先に言いますが、伊藤英明さんのパーソナルデザインは、

「グレース」タイプ

です。

理由の一例としては――

  • 端正(たんせい)な顔立ち(悪くいうと、地味め)。
  • バランスの良いすっきりした体型(体を鍛えていらっしゃいますが、ムキムキにまでしてしまうと、端正な顔が浮きます)。

伊藤英明さんは、スーツがとても似合うタイプです。

安いスーツでもさまになりますが、昔、あるドラマで高級スーツを着ていた時もサラッと着こなせていらっしゃいました。

伊藤英明さん2実際、「海猿」でも、レスキュー行動中の、体にピッタリはりつくダイバースーツ姿で叫んでいても、「ナチュラル」タイプの俳優さん(織田裕二さんや寺脇康文さんなど)と比べると、力強さでは一段落ちる感じになります。

一方、同じ「海猿」でも海上保安庁の真っ白な制服を着て、黙って敬礼している時のほうがステキでしたよ(逆に『ナチュラル』さんでは、窮屈そうな感じになります)。

日本のドラマ界では「上品」の受け皿がない

すでに上のほうで「ナチュラル」タイプとの対比を紹介しましたが、伊藤英明さんは、「ナチュラル」と誤診される危険性のあるかたです。

若い俳優さんに「スーツの似合う上品な人」というイメージをなかなか持ちにくいものです。活動的な現場の役である「海猿」の影響も強いでしょうね。

実際、日本のドラマ界では、「『グレース』タイプの主役」なんて、なかなかありません。逆に、「海猿」でのような「ナチュラル」タイプの人がやればハマるような役は無数にあります。特に、若い俳優さんに巡ってくるような役は、こっちばかり。

そうなると、俳優さんは「ナチュラル」タイプではない人でも、そんな役をこなさないといけなくなる。

「ナチュラル」タイプの役ばかりを見ていると、それをそのまま受け入れてしまう人も多く出てきます。「彼は『ナチュラル』で良いんじゃない?」と思ってしまう人が少なくないのも、しかたのないところでしょう。

伊藤さんもこれからどんどん「大人の男性」として円熟していくわけで、今後、彼の持つ本来の「上品な雰囲気」を活かす役が回ってくることもあるでしょう。

それにしても、ちょっと調べてみると伊藤さんも、さまざまな“やんちゃエピソード”が飛び出してくる人ですね・・・。

とはいえ、彼の本来の性格がどうであっても、「上品な雰囲気」があることにはかわりありません。そこを混同すると「外れるパーソナルデザイン」診断のできあがりになってしまいますから。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.