ママと娘の攻防戦――先日、とあるデパートにて

香咲ハルミ post on 1月 14th, 2015
Posted in 雑感

今回は、ちょっとしたドキュメンタリー。

先日、デパートのカラードレス売り場で、受診者さんの
ドレス選びをしていたときの話です。


試着室に入った受診者さんを待っていると、横で一組の
母と娘さん(20才前後)がドレスをいろいろ試着し始めました。

けっこう、にぎやかでしたので事情がまる聞こえでしたが、
どうやら娘さんのピアノ発表会用の買い物にいらしたようです。

いろいろと試着している娘さんを見ているうちに、私にも、
彼女になにが似合うか、だいたいのところが見えてきました。

とはいえ、こちらも仕事中なので黙って見ていましたが、

明らかにお母さまの選ぶ方が、娘さん自身で
選ぶ方よりも似合っていました。

鮮やかなフューシャピンクやロイヤルブルー
パッと顔が華やぐのがハッキリしていたのです。

ところが、いくらお母さまが「これの方がいいわよ~」と
勧めても、娘さんは「じゃこれは? ダメじゃないでしょ?」
薄いサーモンピンクやイエローグリーンを持ってくるんです。

残念ながら、そちらでは彼女の顔がボンヤリとなってしまい、
お母さまも「ダメじゃないんだけど~……」と苦笑い。

結局、その母娘、あれやこれやと試しながらも、
最後は決められずに終了――

残念 (>_<)

せっかく、お母様がしっかりと見えているのに~
と、なんだか、私まで不完全燃焼気味になりました。


実はこういう事例って、とてもよくあることなんです。

親のセンスが良くても、
子が親を疑って言うことを聞かない。

子どもは親と違って経験不足なことに加えて、挑戦しよう、
という気持ちが大きいのか、自分をまだまだ客観視しきれない
ことが多いようです。

そうかと思えば、センスがイマイチの母親のいうことを
素直に聞き続けて、まちがい続ける子どもがいるのも、
また事実……。

どちらも自分を客観視できるようになることが大事
ということなんでしょう。

なにせ、ファッションって、自分の個性を正しく
理解していないと、チグハグになるものですものね。


ということで、今日は、ある日のドキュメンタリーでした。

Comments are closed

Comments are closed.