コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック

コーデ・ポイント。
聞き慣れない言葉でしょうが、それもそのはず。
私が作った言葉なんです(いつものことです)。

かつてメールマガジン、
「センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる」
http://www.mag2.com/m/0000092620.html
を発行しはじめた最初の頃に紹介したもので、

「一度のコーディネートで服やアクセサリーを
どのくらい使えばいいか」

がわかる、という方法です。

もう10年以上前に紹介したやり方なんですが、
今でもメルマガの読者さんから、

「11ポイント以上にするにはどうしたらいいの?」

といったコーデ・ポイントについての質問が来ます。
くわしくはメルマガのバックナンバーを読んでください……

というのでは不親切ですので、
ここで改めてコーデ・ポイントの解説をします。

コーデ・ポイントの数え方


  1. まず、あなたが「着ている服」に使われている色
    を数えてください(スカーフやマフラーなども)。
    ひとつが一点です。
    【注】ただし、数えるのは3メートルくらい離れても
       確認できる色だけ。細かいものは無視してください。

  2. 次に、衣類以外のアイテム(ネックレス・リング・時計・
    ブレスレット・靴・バッグ・ブローチ等)の数を数えます。
    これもひとつが一点です。

  3. さらに、あなたの服やアイテムのなかで「特にこれは目立つなあ」
    と思うもの(フチ取りやフリル、眼鏡の鎖など)があれば、
    それぞれ一点ずつ追加してください。
    なければ追加しなくてかまいません。


  4. 1~3で数えた点数がコーデ・ポイント数になります。

採点方法は――

  • 11点~16点くらい:最適!
  • 17点以上:ゴチャゴチャした感じになってしまうかも。
  • 10点以下:手抜きしているか、さびしい感じが出てしまいます。
  • ただし、カジュアルウェアの場合は9点くらいでもOK!

という感じです。
数え方の例としては――

  • 大きなボタンは、ひとつ1点。4個で4点。
  • 生地と同じ色の小さなボタンは0点。
  • 模様のついているバッグは1点加えて2点。
  • 飾りの付いた靴は1点加えて2点。
  • プレーンな結婚指輪は0点でかまいません。
  • マニキュアは無色やナチュラルカラーは0点。
    色が付いていたら両手で1点。
  • 大きなバックル付きのベルトは目立つので2点。

こんな感じで、お出かけ前などに鏡の前で数えてみましょう。

やり過ぎてないか、逆に、手抜きしているように見えないか、
簡単にセルフ・チェックできますね。

――で、最初にあった質問に戻るんですが……。

「11ポイント以上にするにはどうしたらいいの?」

自分のコーディネートでは、どうやっても10ポイント以下に
しかならない、という人もいます。

さあ、どうすればいいんでしょうか?

【2】につづく

【関連記事】コーデ・ポイント――簡単オシャレ度チェック【2】

Comments are closed

Comments are closed.