受診者さんの感想メール紹介――2人の息子さんの診断を見たお母さまから

今回はコンサルティングの感想メール紹介です。

2人の息子さんが兄弟一緒に受診された現場を見学されて、お母さまが送ってくださったものです。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診されたご兄弟の情報は――
ご長男(23才)

  • パーソナルカラー:「冬」
  • パーソナルデザイン:「グレース」
ご次男(21才)

  • パーソナルカラー:「夏」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル」

パーソナルカラーは同じ「ブルーベース」ですが、パーソナルデザインの違いから、雰囲気が違うご兄弟でした。

下は、診断を見学された、お母さまのご感想です。

・ご兄弟のお母さまK・Tさんの感想メール


先日は息子2人のコンサルティングとお買い物同行をしていただき、ありがとうございました。

2人とも会場に到着して、先生から説明を受けている段階ではまだよくわからないのでそんなに興味も示していませんでした。でも診断が始まった途端、2人とも瞳が輝いていました!

先生にドレープを当てていただき、兄弟お互いにその変化を確認できたのは、驚きでもありとても面白かったようです。「めっちゃおもろかったなぁ!」と言うのが正直な感想でした。

私もそれぞれの診断を見学しながら、今まで着ていた洋服の色を思い返したりしていました。改めて色の持つ〝チカラ〟や〝意味〟について考えました。

パーソナルデザインの診断結果は、2人ともバッチリ当てはまっていました。
今まで育ててきた過程で、「あーPDがこれだったからなんやー納得!」と思える事がたくさんありました。
先生の診断って本当に面白いです!!

ブーツひとつで20センチも背が伸びて見える?

いつもの事ながら、お買い物同行も本当に楽しかったし勉強になりました。選んでいただいたネクタイやストール、そしてシャツにダウンジャケット、2人とも本当に気に入ったようでした。

次男がバイクに乗る時のブーツを選んでいただいた時、長男にも似合うブーツを見つけてくださいました。

今までの彼の中にはブーツを履くと言う観念が無かったので、半信半疑で履いてみたところ、今まで履いていた靴は何だったんだろう?と言うくらいの衝撃だったのではないかと私は想像しています。

親の私が言うのもお恥ずかしいですが、ブーツを履いた途端、身長が20センチは高くなったように思えたんです。20センチって大げさですが、似合う靴を履いただけでこんなにも印象が変わっちゃったんです!

メガネ選びの大切さも実感

メガネのフレームの勉強も楽しかったです。

以前、次男が自分で選んだフレームで作ったメガネは「どこのおじさん?」と言うようなフレームでした。

今回似合うものと選んではいけない物を教えていただいたので、次からは大丈夫だと思います。

グレースタイプの長男が、フレームの選び方ひとつでお笑い芸人みたいになってしまうのも面白い発見でした。

T・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

なお、感想文は息子さんのご感想へと続いていますが、それは次回にご紹介しましょう。

それではまた――。

外れるパーソナルデザイン

電子書籍「外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.