外れるパーソナルデザインの有名人例――石川遼さん(プロゴルフ選手)

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

先日、プロゴルフ選手の石川遼さんが、3年ぶりの大会優勝を飾ったというニュースが流れていました。

久々にお名前を聞いたなあ、と思っていたら、しばらく優勝からも遠ざかっていらしたのですね。

ということで、今回は、久々に有名人のパーソナルデザインについてお話しします。

なお――
彼もパーソナルデザインを誤診される危険性のある人だったりしますよ。

「外れるパーソナルデザイン」:パーソナルデザインが間違われやすそうな人、と言う意味。くわしくは電子書籍「外れるパーソナルデザイン」を参照ください。
石川遼さんのパーソナルデザインは?

石川遼さんが高校生のアマチュア選手でありながら、プロの大会で優勝したのが、もう12年前ですか・・・。

当時、何かで活躍した男性にはマスコミから「○○王子」とニックネームをつけられていましたが、石川さんも同様に王子ネームがつけられました。

少年でありながらの偉業。
でも、当人はいつも涼やかにマスコミに対応し、おどけた感じもない。
ついたあだ名が「ハニカミ王子」。

驕(おご)らないハニカんだ姿、ということですか。
なるほど、なんとも品の良い雰囲気ではありませんか。

ということは、やはり、石川さんのパーソナルデザインは「グレース」タイプ

――と言いたいところですが・・・
もっとよく石川さんを見てみると、違うタイプであることがわかります。

石川遼さんのパーソナルデザインはこちら↓

■ 石川遼さん
 ・パーソナルデザイン:「ファッショナブル」

はっきりいって石川遼さんって、全然、はにかんでないんですよね(苦笑)

「がっしりした体格」で、
いつも「堂々と」受け答えし、
若い頃から「野心的なことを口にしても嫌みがない」
むしろ、それでもさわやかで、若いのに横柄なことを口にしている、というイメージにはならなかったんですよね。

「顔つきも精悍(せいかん)な男らしさ」があります。
そして年齢を経るごとに、その精悍さは強くなっていますよ。

日本ツアーの選手会長を務められていますが、彼の礼儀正しくも堂々とした雰囲気なら、史上最年少での就任ということに不安を感じさせませんよね。

パーソナルデザインに関係なく、礼儀正しく振る舞える人はいる

ところで以前、イギリス王室のキャサリン妃についての記事でも
「上品にしているから『グレース』とは限らない」
ということを解説しました。

石川さんも同じで、お若い頃から大人たちのなかで揉(も)まれてきたからなのか、礼儀正しく振る舞っていらっしゃいますが、別に「グレース」以外の人は礼儀正しく見えないなんてことはありません。

上品に振る舞うのは、どのパーソナルデザイン・タイプであってもできることですからね。

それにしても、なぜ彼に「ハニカミ王子」なんていうニックネームがつけられたのでしょう?

まあ、当時は少年でしたから、マスコミとしては、「ファッショナブル」タイプの持つ強い男像を強調するよりは、少年の初心(うぶ)な部分を強調して、「日本国民の息子」みたいなイメージにしたかったのでしょう。

子供で礼儀もあるから、まあ、はにかんでいるように見えなくもない、というわけで・・・。

でも、今の石川遼さんは、もはや「国民の息子」ではなく、ひとりの立派なゴルフ選手、いやゴルフ戦士ともいえる大人の男性です。

これからの華やかなご活躍を期待したいと思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.