男性とコーデ・ポイント

コーデ・ポイントでひとつ紹介し忘れていたことがありました。

それは
男性にはコーデ・ポイントがそのままあてはまらない
ということ。

男性の場合、女性と同じくらいのポイント数まで着飾ると、
やり過ぎに見えてしまいます。

男性は女性のように着飾る必要がない世界で生きています。
「清潔感のあるオシャレ」は求められていても、
「華やかなオシャレ」はやり過ぎと言われかねない世界。

それは理屈というよりは、もう、慣習というか、一般常識
ようなものですね。

「似合うのだから、そんな常識は無視して良い」というのは
社会不適格者を作るようなものですから、私はそんなやり方を
おすすめしません。

似合うファッションで生きやすくする手伝いをするのが、
イメージコンサルティングです。


それでも最近は、色違いのTシャツを重ねて着たり、
ネックレスやブレスレット、ストール、帽子などを
オシャレに使いこなす男性も増えてきましたね。

オシャレとやり過ぎの境界を見極めてコーディネートすれば、
男性でもうまくコーデ・ポイントを使いこなせるわけです。

そこで、男性にコーデ・ポイントを当てはめる場合は
次のように適正なポイントの数を替えて考えましょう。


男性のコーデ・ポイント

  • 男性の標準的なポイント:7~8ポイント
  • カジュアルでごく普段着:5ポイント
  • 少々オシャレにという時:10ポイントくらい

女性と比べて、全体に低めのポイントで抑えるのがコツですね。

【関連記事】男性とコーデ・ポイント【2】

Comments are closed

Comments are closed.