男性とコーデ・ポイント【2】

男性もポイントを数えましょう。

……といっても、男性の場合は、
「スーツを着ておけばOK」
という風潮がありますね。

普通のスーツ姿ではどうしてもポイントは低くなります。
(つまり地味に……)
オシャレに決めよう、という時はちょっと物足りないですね。


そこで、ポイントを増やすために注目したいのが、

  • ネクタイに色が多いもの
  • カフスボタン
  • ポケットチーフ

などを使うことです。

たとえば、次のようなコーディネート。
(カッコ内はポイントです)

  • ワイシャツ(1)、スーツ(1)、ネクタイ(3)、時計(1)、
    靴(1)、鞄(1)、カフス(1)、マフラー(1)――10P
  • シャツ(1)、ジャケット(1)、パンツ(1)、ストール(2)、
    バッグ(1)、シューズ(1)、時計(1)――8P


前にも書きましたが、うまくコーディネートするためには、
「引く」ことを考えるよりも、何を「足す」か
を考えることです。

放っておくと、滑るように楽な方向へ行ってしまう……
目立たない方へ目立たない方へ……
と地味になっていくのが日本人の傾向。
(特に男性はその傾向が強いですね)

男性も格好良く!
まずは、イメージコンサルティングで自分のパーソナルカラーと
パーソナルデザインを知って、自分のプロデュースをしてほしい
と思います。

【関連記事】コーデ・ポイント――どのパーソナルデザインでもポイントの数え方は同じ?

Comments are closed

Comments are closed.