受診者の感想メール紹介――「100点満点の服ばかり揃える必要はないという考え方」(30代・女性)

今回もコンサルティングの感想メールをご紹介します。

― お客さまの了承を得られた場合のみ紹介しています ―

今回の受診者のK・Kさん(30代・女性)の情報は――
  • パーソナルカラー:「秋」
  • パーソナルデザイン:「ナチュラル・ロマンス」

・K・Kさんの感想メール


先日はありがとうございました。とても楽しく、また勉強になりました。

パーソナルデザインは、某所で簡易的にグレースと診断されたことがあり(職業と話し方から診断されたので、外見は関係ないのか?と違和感がありました)、ナチュラルとロマンスという結果には驚いたのですが、普段のファッションを考えてみると、シンプルだったりカジュアルな中にも肌見せの要素があったり、素材が柔らかかったり、それなりに自分で似合うものを感じ取っていたのかなと思い、とても納得しました。

落ち着いた性格ですが歩きなど動きが速く、装飾が多すぎて動きづらい服が苦手なので、そんなところにもナチュラルが出ているのかなと思いました。

また、得意な色は多少パーソナルカラーを外れても大丈夫、苦手な色はメイクで工夫を、というアドバイスはとても心に残りました。

SNSを見ているとかなり若い方も、「この色はパーソナルカラー〇〇には厳禁」「この形は骨格××が着ると事故」という分析をしていて、研究熱心だなと思いつつちょっと息苦しさも感じていたので、工夫はしつつも、100点満点の服ばかり揃える必要はないと考えて、ファッションを楽しみたいと思いました。

またいろいろとご相談させていただきたいと思います。

K・Kさん、ご感想、ありがとうございました。

「簡易的にグレースと診断されたことがある」という部分が少し気になりましたが、当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦の占い感覚で診断めいたことをしている業者もあるのでしょうか・・・。

また、パーソナルカラー・パーソナルデザインによって「○○は厳禁」「××では事故る」といった考え方の人がいる、というくだりについてですが――

似合うものを外せばパッとしなくなる、というのは事実ですし、それを受け入れた上でファッション選びを楽しめている人は良いのですが・・・

なかには「厳禁」や「事故」という部分が強くなって、パーソナルカラー/デザインに合うもの以外は使ってはいけないかのように、頭を堅くしてしまっている人もいらっしゃいます。

でも――

少しくらいパーソナルカラー/デザインから外れたファッションだからといって、『変な奴が来た! 石を投げてやれ!』なんて事態にはなりませんから安心してください。

つまり、「厳禁の服」や「事故るアイテム」なんてない――くらいの考えで良いんです。

そもそも、イメージコンサルティングは受診者さんのイメージを上げて人生を豊かにするお手伝いをファッション面からしていくもの。

なのに、パーソナルカラー/デザインを知って、かえってファッションについて息苦しくなってしまうのでは、本末転倒ですね。

ここぞという時の「切り札のファッション」としてパーソナルカラーとパーソナルデザインを使ってみる、というくらいの考え方でも充分で、普段は少しくらい楽にしたって、誰も文句なんて言いません。

ですから、頭を堅くしないで、楽しみながらパーソナルカラーとパーソナルデザインを取り入れていってほしいのです。

K・Kさんはご自分でそこに気づかれたわけで、今後、ファッションを人生を楽しむための助けにしていけることでしょう。

そのためにイメージコンサルティングが役立つのなら、本当に嬉しく思います。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

続・外れるパーソナルデザイン

電子書籍
「続・外れるパーソナルデザイン」
好評発売中:詳細ページへのリンク

Comments are closed

Comments are closed.