パーソナルデザイン訓練・人間ウォッチング【4】

【前の記事】
パーソナルデザイン訓練・人間ウォッチング
パーソナルデザイン訓練・人間ウォッチング【2】
パーソナルデザイン訓練・人間ウォッチング【3】

前記事で紹介した街行く人々のファッションの傾向ですが、
こういう方向に進んでいる理由をあげてみます。


  1. そもそもブティックやデパートの売り場には、その
    2種類「子供っぽいもの」と「さっぱりカジュアル
    系のもの」のデザインがあふれている。

    そこら中にあるから、単純にみんなそれを選ぶわけです。
    「流行」ってこうやって作られていくんですよね。

  2. 長い間のデフレや不景気で、カジュアル路線や
    価格が安めのものが選ばれがちになっている。

    デフレって、こわいですね……。
    これは東京から離れて地方に行けば行くほど、強い傾向です。
    この流れは、ここ20年くらいの間に徐々に定着したので、
    現時点で30代前半~40代後半くらいの人の中に、
    「ちょっとしたオシャレな装いが苦手」という意識を
    持っている人が多くなっています。
    「オシャレするのが気恥ずかしい」という思いが、
    さっぱりカジュアル路線に進ませてしまい、結果的に
    その人の存在感まで周囲に埋もれてしまうわけです。

当然ですが、こういうファッションがはやっている以上、
「キュート」タイプや「ナチュラル」タイプの一部には、
とても上手にアイテム選びをしている人もいます。

問題は、その他のタイプの人の中には、どうして良いか
わからないと言う人も多い、ということ。

それでも――

しっかり自分の個性(パーソナルカラー/
パーソナルデザイン/パーソナルメーク)をつかんで、
服選びをすれば、ちゃんと自分に合うものも必ず、
どこかにあるものですよ。

年間何百時間もお買い物同行して、似合うものを瞬殺で
見つけ続けている私が言うのですのでから、間違いありません。
困ったらご相談くださいね。

Comments are closed

Comments are closed.